気に入らなければ買わない!59年式フォードF100をイカしたビアトラックにしろ!?Part1 MotorTrend

ファスト&ラウド

ビアトラックを作れって!?しかも今回もリミットは30日間!どうするリチャード

これぞアメリカントラック!59年式フォードF100がイカしたビアトラックに生まれ変わる!?Part1 MotorTrend
これぞアメリカントラック!59年式フォードF100がイカしたビアトラックに生まれ変わる!?Part1 MotorTrend全 1 枚写真をすべて見る

ファスト&ラウド
ビアトラックを作れって!?しかも今回もリミットは30日間!どうするリチャード

今回はいつもとはちょっと違う内容をお届けしたい。同じテキサスに構えるビール会社のオーナー夫妻がガス・モンキーを訪ねてきた。奥さん、なかなか綺麗じゃないか!イカしたカウガールとお見受けした。さて彼らのオーダーは、配送用にカッコいい車両を作って欲しいというものだった。予算は15万ドル。それを聞いたリチャードは、単にクルマを売るよりも、一から作って売る方が気合いが入る!と、二つ返事でこれを承諾。でも大丈夫か?結局手を動かすのはリチャード以外のメンバーたちだ。またいつもの無理難題が彼らに降りかかるのかと思うと気の毒でしょうがない。

ここでオーナー夫婦はビックリする条件を突きつけてきた。プランやデザインは全てガス・モンキーに任せるが、出来上がったクルマを見て満足しなければ買わないというのだ。しかもリミットは30日間!!何それ?これには流石のリチャードも困惑気味だが、どこよりもクールなクルマを作る!と豪語するところを見ると、やっぱりコイツらタダ者じゃない。

ベース車両は、倉庫に放置されていた59年式F100を7000ドル購入。80年代まではアメリカのほとんどの家にあったとされるほど売れに売れたトラックらしく、なんとも言えないオールドアメリカンな雰囲気がたまらなくオシャレだ。日本でも中古価格は300万から700万円代と幅広く、圧倒的にタマ数が少ないこともあり、年式にしてはかなりの高額帯で取引されている。つまりこのクルマの魅力を感じる人は今も世界中にいるということだ。さあ一体どんなビアトラックに生まれ変わるのか、乞うご期待!【レスポンス副編集長 吉澤憲治】

Dplayのプレミアムプランで観る

59年式F100で、果たしてカウガールがお気に召すビアトラックはできるのか?

今だけお得に楽しめるチャンス!Dplayを詳しく知りたい方はこちらをクリック↓

Dplayのプレミアムプランで観る

TOP

《吉澤憲治》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV