東京ディズニーリゾート新型車、7月3日から運行…リゾートライナー(Type C)

7月3日の運行開始が決まった『リゾートライナー(Type C)』のイメージ。「C」はローマ数字で100を意味するという。アクセントカラーは現在の10形『リゾートライナー』を踏襲しつつ、「やわらかく揺らめく波」をイメージしたグラデーションとしている。
7月3日の運行開始が決まった『リゾートライナー(Type C)』のイメージ。「C」はローマ数字で100を意味するという。アクセントカラーは現在の10形『リゾートライナー』を踏襲しつつ、「やわらかく揺らめく波」をイメージしたグラデーションとしている。全 4 枚写真をすべて見る

東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)の各施設を結ぶ跨座式モノレール「ディズニーリゾートライン」を運営する舞浜リゾートラインは6月25日、新型車両『リゾートライナー(Type C)』の運行を7月3日から開始すると発表した。

同車は、2001年7月の開業時から運行されていた『リゾートライナー』と呼ばれる10形に代わる車両として総額約125億円を投じ、2023年度までに6両編成5本が導入される。

その最初の1本は5月21日から運行を開始する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月13日に延期が発表されていた。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。
  • パンダくろしお「サステナブル Smileトレイン」のデザイン。車両をつなぐリボンは「世界をつなぐパートナーシップであり、また世代をつなぐバトン」を表現したもの。
  • SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。
  • 5両すべてが浸水した車両。
  • 飛騨川沿いの高山本線を走る特急『(ワイドビュー)ひだ』。7月8日は始発から運休している。
  • 乗車券部分は、駅発売分が「武川から影森まで」、通信販売分が「影森から武川まで」で、地色も異なる。
  • 「台車モニタリング装置」の概要。

ピックアップ