国交省の災害査定官を熊本と鹿児島に緊急派遣---道路・河川の早期復旧を支援

7月6日、熊本県球磨郡
7月6日、熊本県球磨郡全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、7月3日からの梅雨前線に伴う大雨での被害状況を迅速、的確に把握するとともに、被災した道路や河川の復旧を支援するため、災害査定官を現地に派遣し、災害緊急調査を実施すると発表した。

現地調査は7月7日から実施する予定で、熊本県、鹿児島県内の道路や河川に災害査定官を派遣する。

災害査定官は被害状況を迅速、的確に把握するとともに、被災した公共土木施設に対する応急措置や復旧工法などについて技術的な助言・指導を行う。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • 令和2年7月豪雨の被害(球磨郡、7月8日)
  • 総理大臣に就任した菅氏(9月14日)
  • 歩行空間ネットワークデータを活用して実現するサービスのイメージ
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ