スバル レガシィ 米2020年型、「ベスト・ユーザー・エクスペリエンス」賞に…アイサイトやコネクトに評価

スバル・レガシィ (米国仕様)
スバル・レガシィ (米国仕様)全 9 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)の米国部門は7月23日、『レガシィ』(SUBARU Legacy)の2020年モデルが、「2020 Wards10ベスト・ユーザー・エクスペリエンス」賞に選出された、と発表した。

この賞は、米国の自動車メディアの『WardsAuto』が毎年発表しており、今年が5回目だ。同メディアの編集者が、コネクティビティ、インフォテインメント、先進運転支援システム(ADAS)などを評価し、10台のベストモデルを選出する。

2020年モデルのレガシィには、新開発のタブレットスタイルの11.6インチ高解像度タッチスクリーンが装備される。11.6インチのセンター情報ディスプレイは、オーディオ、HVAC、車両の各種設定が行える。Appleの「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」とも連携している。

スマートフォンと同様に、タッチスクリーン上のアプリのアイコンは、好みに応じて移動や設定が可能だ。この11.6インチマルチメディアナビゲーションには、「TomTom」の音声ナビゲーションと音声起動ナビゲーションが採用されている。

2020年モデルのレガシィには、最新の「アイサイト」が標準装備されている。ルームミラーの上に取り付けられた2台のカメラを使用して、車両前方の障害物を検出し、反応する。レーンセンタリング機能を備えたアダプティブクルーズコントロールも含まれている。

オプションの「Driver Focus Distraction Mitigation」システムは、専用の近赤外線カメラと顔認識技術を使用して、ドライバーの疲労を検知し、警告を発する。LEDステアリングレスポンシブヘッドライト、リバース自動ブレーキ、車線変更アシストとリアクロストラフィックアラートによるブラインドスポット検出、ヘッドアップディスプレイ付きのアイサイトアシストモニターも用意されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ