広島市の新交通システム、新型車はすべて三菱が受注…2024年度までに7000系を追加納入へ

アストラムラインの新型車両7000系。今回の追加受注車は広島県三原市の工場で製造する「地産地走」となる。
アストラムラインの新型車両7000系。今回の追加受注車は広島県三原市の工場で製造する「地産地走」となる。全 1 枚写真をすべて見る

三菱重工エンジニアリング(MHIENG)は9月10日、広島市の新交通システム・広島高速交通(アストラムライン)から7000系6両編成13本(78両)を追加受注したと発表した。

アストラムラインは、本通駅(広島市中区)と広域公園前駅(広島市安佐南区)を結ぶ18.4kmの案内軌条式鉄道で、AGT(Automated Guideway Transitの略)と呼ばれる自動案内軌条式旅客輸送システムにより自動運転が行なわれている。

開業は1994年8月で、現在、開業以来の6000系6両編成23本(138両)が在籍。2017年7月にはMHIENGの母体である三菱重工業が7000系6両編成11本(66両)を受注している。今回の追加受注により、7000系は三菱重工業時代を含めて、144両全車がMHIENG製となる。

第2次車ともいうべき今回の7000系は車体がアルミ製で、車体の外板と骨組を一体化した「ダブルスキン構造」を全面的に採用。「T-smover」と呼ばれる、軽量で耐久性に優れ、低振動・低騒音、メンテナンス性が高い台車を採用し、乗り心地の向上が図られている。

車内は、快適性を追求した次世代の通勤車両用シートとして、「G-Fit」と呼ばれるセミハイバックバケットシートを設け、足の投げ出しを防止。全車両にはフリースペースも設置されている。

納入は2024年度までに順次行なわれる計画で、2020年は3月から4月にかけて2編成が運行を開始している。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 10月30日からは平日夕夜間下りで増便される『京王ライナー』。一方で深夜帯は減便へ。
  • 「従来の8000系や08系の端正な表情を受け継ぎ、車内空間を半蔵門線の路線カラーの色彩に同調させることで、親しみや活気が感じられるようなデザイン」とした18000系。ヘッドライトを直線的にすることで親しみやすさやスタイリッシュさを表現。
  • 6両編成の『36ぷらす3』。南福岡車両区の787系BM15編成を改造したもので、車体は黒メタリックを基調に。787系のフォルムを残しながら、より重厚な雰囲気に仕上がっている。
  • 「こどもから大人まで幅広い世代の方々が、この『DORAEMON-GO!』に乗っている間、前向きな気持ちになっていただきたい!」という想いが込められた「DORAEMON-GO!」のイメージ。 (c) Fujiko-Pro
  • 2014年、初代の「くまもん」ラッピング電車として運行を開始した当時の6221ef+6228A編成。このうち6221号は、フレームに「CFRP」と呼ばれる炭素強化プラスチックを使った川崎重工業製の「ef WING」という台車に交換されたことから、車号が6221Aから6221efに変更された。
  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。
  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。

ピックアップ

Response.TV