インディアン2021年ラインナップ、ブラックアウトとモダンクロームが登場

インディアン・ヴィンテージダークホース
インディアン・ヴィンテージダークホース全 15 枚写真をすべて見る

ポラリスジャパンは9月23日、インディアンモーターサイクルの2021年のラインナップを発表した。ブラックアウトされた印象的なスタイリングの『Vintage Dark Horse』と、モダンなスタイリングをクロームパーツで飾った『Roadmaster Limited』が加わった。

インディアンのクルーザーのラインナップに加わったのが、Vintage Dark Horse(ヴィンテージダークホース)だ。普遍的で時代を超えた伝統あるスタイリングを求めるライダーのために、しなやかなブラックレザーのサドルバッグや、全体的にブラックアウトされた、引き締まったスタイルを提供する。

ツーリングのRoadmaster(ロードマスター)ラインナップは2021年仕様で大幅なアップグレードを行ない、従来以上のプレミアム感を意図した。新たに加わった車種は、グロスペイント、クロームフィニッシュ、流れるようなフェアリングデザイン、オープンフロントフェンダー、スマートなサドルバッグを特徴とするRoadmaster Limitedだ。

Roadmaster Limitedおよび「Roadmaster Dark Horse」モデルには、シートの温度をコントロールできる「ClimaCommand Rogue heated and cooled seat」が新たに標準設定された。ライドコマンド・インフォテインメントシステムを通じてライダーが冷暖を調整でき、乗りながらコントロールできるようになった。低、中、または高の設定では、ライダーとパッセンジャーの冷暖を個別に調整できる。インディアン・ロードマスター・リミテッドインディアン・ロードマスター・リミテッド

2021スカウトシリーズのアクセサリーには、ロングツーリング向けのヒートグリップ、ロー&ミッドウインドシールド、フェアリングバッグ、セミリジッドサドルバッグなどが用意された。

サンダーストローク、パワープラス、スカウトのそれぞれのシリーズも、ライダーからのフィードバックに応え、2021年仕様で機能、装備を強化した。

Vintage Dark Horseの価格は329万8000円から。エンジンは「Thunderstroke 116」、排気量1890ccのVツインエンジンだ。Roadmaster Limitedの価格は441万1000円から。エンジンは同じくThunderstroke 116を搭載する。

《高木啓》

この記事の写真

/
Response.TV