BMW M5 改良新型発売、最高出力600psの高性能モデル 価格は1792万円

BMW M5 改良新型
BMW M5 改良新型全 23 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『5シリーズセダン』の高性能モデル『M5』および『M550i xDrive』改良新型を9月29日より発売する。価格はM5が1792万円、M5コンペティションが1877万円、M550i xDriveが1319万円。納車は10月以降の予定。

最高出力600ps、0-100km/h加速3.4秒

BMW M5 改良新型BMW M5 改良新型

M5改良新型は、最高出力600ps、最大トルク750Nmを発生する4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。ドライブロジック付き8速Mステップトロニックトランスミッションおよび後輪駆動を重視した4輪駆動システム「M xDrive」を組合せ、0-100km/h加速3.4秒を達成する。M xDriveは、ダイミックスタビリティコントロール(DSC)の介入を極端な状況のみに限定し、エンジンパワーを無駄なく路面に伝達。走行モードは、初期設定の「4WD」のほか、ほぼ後輪駆動に近い「4WD SPORT」、完全な後輪駆動走行となる「2WD」モードの3種を用意する。

全開時でも優れた安定性を実現する専用ブレーキシステム

BMW M5 改良新型BMW M5 改良新型

標準装備となるM専用インテグレーテッドブレーキシステムは、アクセル全開時の高負荷条件下でも優れた安定性を実現する。ブレーキの作動、ブレーキブースター、ブレーキ制御の各機能をコンパクトに統合するとともに、非バキューム式のブレーキブースターを採用することで、重量を約2kg削減。ブレーキ圧は電動アクチュエーターによって生成され、より素早く正確な制御が可能となっている。さらに、任意に車両の減速度を調整することが可能となり、あらゆる状況でドライバーが思い描くペダルフィーリングを実現。より快適性を重視した「COMFORT」と、素早い反応を重視した「SPORT」の2種類のペダルモードを用意し、減速に必要なブレーキペダルの踏み込み量を変更することが可能となっている。

エクステリアを刷新、L字型LEDライトなど採用

BMW M5 改良新型BMW M5 改良新型

エクステリアは5シリーズ改良新型同様、L字型のLEDライトを採用することで、BMW伝統の4灯ヘッドライトを表現しながら、モダンかつスポーティなイメージを強調している。リアは、L字型コンビネーションライトを立体的な造形とし、周囲をブラックアウトすることで、精悍な印象を付与。さらに、ダブルバーキドニーグリルやボディ側面のエアブリーザーに装備されたMギルを採用するなど、高性能モデルであることを主張している。

新開発スポーツシート採用

BMW M5 改良新型BMW M5 改良新型

インテリアでは、Mレザーステアリングホイールに装備された赤色のMボタンとセンターコンソールの赤色のスタート/ストップボタンが目を引く。新デザインのセレクターレバーにはMのロゴが刻まれ、Mモデルカラーのステッチが施されている。また、カーボンファイバー製インテリアトリムにより、高性能スポーツモデルの個性を主張。新開発のスポーツシートは、立体的にデザインされ、両脇のサイドボルスターや肩回りは大きくせり出す形状を採用することで、ドライバーを快適に包み込むデザインとなっている。そして、ヘッドレストには、「M」のロゴがデザインされた照明付きモデルバッジを装備する。

最先端の運転支援システムを標準装備

BMW M5 改良新型BMW M5 改良新型

5シリーズ改良新型同様、高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力によって、より精度と正確性が向上した最先端の運転支援システムを標準装備した。アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)およびレーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)などに加え、パーキングアシスタントも装備。直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、同じルートをバックで正確に戻ることができる。

また、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」を装備。一定の条件下において、ステアリングから手を離して走行できる。

BMW M5 改良新型BMW M5 改良新型

最高出力625psのM5コンペティションも同時ラインアップ

よりアグレッシブなスポーツ走行を想定した『M5コンペティション』も同時ラインアップする。コンペティションモデル専用に開発されたV型8気筒エンジンは、車両構造部との接続部をより強固にする、極めて硬い専用のエンジンマウントを採用。より直接的な動力伝達が可能となっており、最高出力は625ps発生し、0-100km/h加速は3.3秒を達成する。

BMW M550i xDrive 改良新型BMW M550i xDrive 改良新型

デザイン面では、ハイグロスブラックのキドニーグリルとモデルバッチ、ドアミラー、リアスポイラーが装備され、よりアグレッシブなデザインとなっている。初採用のMモードボタンでは、 M5の「ROAD」「SPORT」に加えて、運転支援システムの快適性と安全性に関する全機能が無効になる「TRACK」モードを装備する。

走行性能を高めたMパフォーマンスモデル『M550i xDrive』

BMW M550i xDrive 改良新型BMW M550i xDrive 改良新型

M550i xDriveには、最高出力530ps、最大トルク750Nmを発生する4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。0-100km/h加速は3.8秒を達成する。また、4輪駆動システム xDriveやMアダプティブサスペンション、Mディファレンシャルによって、悪路でも安定したコントロールとスポーティな走りを実現。エクステリアでは、Mパフォーマンスモデル専用色となるセリウムグレーをキドニーグリル、エアインテーク、エアブリーザー、ミラーキャップに採用することで、高性能モデルとしての存在感と個性を演出している。

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】BMW M5 改良新型発売、最高出力600psの高性能モデル 価格は1792万円(23枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  6. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  7. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  8. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  9. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  10. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
ランキングをもっと見る