ジャガー・ランドローバー、車内ノイズ低減システムを開発…逆位相の音波を発生

ジャガー・ランドローバーの車内ノイズ低減システム「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」
ジャガー・ランドローバーの車内ノイズ低減システム「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」全 4 枚写真をすべて見る

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は10月9日、室内から不要なロードノイズやタイヤノイズを取り除き、乗員に静かで洗練された移動体験を提供する「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」を開発した、と発表した。

アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーションは、改良新型ジャガー『F-PACE』、ジャガー『XF』、ランドローバー『レンジローバーヴェラール』に導入される。この技術は、不要なノイズピークを10dB、全体的なノイズレベルを3~4dB下げることができる。300Hzまでの低周波ノイズを大幅に減らすことで、長距離移動での乗員の疲労を抑えることができるという。

ジャガー・ランドローバーによると、倦怠感は危険や予期しない出来事に対処するドライバーの能力に影響を及ぼし、疲れたドライバーは、正常なドライバーと比較して、平均で16.72%、反応時間が増加するという。事故を減らし、ドライバーの健康状態を維持することは、ジャガー・ランドローバーの事故を減らす取り組み、「デスティネーションゼロ」の実現に向けた重要な部分になる。

アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーションは、各ホイールのセンサーを使用して、路面からの振動を常に監視し、乗員の耳に届く不快なノイズを除去するために必要な逆位相の音波を計算する。リアルタイムでモニターすることにより、荒れた路面や凹凸からの予期しないノイズを分離して、除去することができるという。

この音は、メリディアンサウンドシステムによって発せられる。車両はキャビンの乗員の人数を検知して、すべての乗員に最適なノイズの低減を図る。アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーションは、車両重量やドライビングダイナミクスのバランスにも配慮する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV