近鉄の80000系『ひのとり』に8両編成が登場…『アーバンライナー』を一部置換え 11月21日から

2度目の増発となる近鉄の80000系『ひのとり』。
2度目の増発となる近鉄の80000系『ひのとり』。全 3 枚写真をすべて見る

近畿日本鉄道(近鉄)は10月13日、80000系を使用する新型特急『ひのとり』を11月21日にさらに増発すると発表した。

『ひのとり』は3月14日、80000系6両編成3本により大阪難波~近鉄名古屋間の名阪特急、大阪難波~近鉄奈良間の阪奈特急で運行を開始。6月には4本が増備されて7本となり、現在は名阪特急で平日10往復・土休日11往復、阪奈特急で平日2往復・土休日1往復が運行されている。

今回の増発は、レギュラー車両2両を増結した8両編成1本が登場することによるもので、名阪特急では平日の大阪難波発9・11・15・21時、近鉄名古屋発8・12・16・21時、土休日の大阪難波発7・13・17・18時、近鉄名古屋発8・10・13・20時発の列車が『アーバンライナー』から『ひのとり』に置き換えられ、『ひのとり』による名阪特急は平日が14往復、土休日が15往復となる。

一方、阪奈特急では平日の2往復が『アーバンライナー』から『ひのとり』に置き換えられる。対象列車は大阪難波発18時40分・23時20分、近鉄奈良発8時7分・19時44分。

なお、2021年春には名阪特急のうち、毎時00分発の列車や停車駅が少ない列車(平日15往復・土休日19往復)がすべて『ひのとり』による運行となる。

また、21020系『アーバンライナー・ネクスト』、21000系『アーバンライナー・プラス』がこれらの置換えで捻出されることから、名阪特急では大阪難波、近鉄名古屋毎時30分発の列車や主要駅停車の列車17往復のうち、平日16往復、土休日14往復が『アーバンライナー』で運行されることになる。残る列車も2021年春には『アーバンライナー』に置き換えられる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV