ランボルギーニ、常設ラウンジを東京六本木にオープン…Yohji Yamamotoとコラボも発表

ランボルギーニ・アヴェンタドールS “dressed” by Yohji Yamamoto
ランボルギーニ・アヴェンタドールS “dressed” by Yohji Yamamoto全 38 枚写真をすべて見る

伊アウトモビリ・ランボルギーニは10月29日、米国ニューヨークに続く世界で2つ目の常設ラウンジ「THE LOUNGE TOKYO」を東京・六本木にオープンした。同時に「Yohji Yamamoto」とのコラボを発表した。

オープンニングイベントに動画メッセージを送ってきた、本社のチーフマーケティング&コミュニケーションオフィサーのカティア・バッシ取締役は「体験をデザインするのがランボルギーニ。ブランドに親しみやすい空間」と、ラウンジについて説明する。

THE LOUNGE TOKYOは、エクステリアとインテリアのカラーやトリムなどオーナーの好みに合わせ、自分だけの1台に仕上げることのできるアド・ペルソナム専用スタジオも常設する。アド・ペルソナム専用スタジオは世界初だ。オーナーやVIPにとって、ランボルギーニの世界への入り口となるだけでなく、ミーティングやイベント、そして展示会など幅広い目的で利用できるスペースも用意している。

オープニングでは、世界的ファッションデザイナーの山本耀司氏が設立したファッションブランド「Yohji Yamamoto」とのコラボレーション『アヴェンタドールS “dressed” by Yohji Yamamoto』を展示。さらに共同ブランディングのモッズコートやボンバージャケット、フーディースウェットがラウンジをパーフェクトに演出している。

2020年1月のパリ・コレクション、ランボルギーニのデザインチーム「チェントロ・スティーレ」を率いるミィティア・ボルケルト氏と山本耀司氏が出会う。Yohji Yamamotoの赤と黒のコントラストから生まれるスタイルと、一つ一つのアイテムに込められた卓越したクラフトマンシップに感銘を受け、コラボレーションが誕生した。

パリ・コレクションにインスパイアされたランボルギーニ・チェントロ・スティーレは、アヴェンタドールSに、Yohji Yamamotoの2020-21年秋冬コレクションのテーマ「PARTISAN」のパターンをあしらい、インテリアも同様に彩った。

THE LOUNGE TOKYOの営業時間は平日10時から18時。

ラウンジマネージャーのサルトーレ・ニコロ氏は、「建物自体もランボルギーニDNAで溢れるもの。全てのお客さまにランボルギーニの……

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV