トライアンフ、新型ネイキッド『トライデント660』発表…トルク重視の新開発エンジン搭載

トライアンフ トライデント660
トライアンフ トライデント660全 8 枚写真をすべて見る

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、3気筒エンジン搭載の新型ミドルクラスネイキッド『トライデント660』を2021年1月23日より発売する。

トライアンフには同じく3気筒660ccエンジンを搭載するミドルクラスネイキッド『ストリートトリプルS』をラインアップしているが、トライデント660はトルク重視の新開発エンジンを軽量ボディに搭載。スリリングでキビキビとした走りを実現する。

新開発の660cc3気筒エンジンは、最高出力81ps/10,250rpm、最大トルク64Nm/6,250rpmを発生する。スペック的には最高出力95.2ps/最大トルク66Nmを発生するストリートトリプルSより低いが、ほぼすべての回転域で最大トルクの90%以上を確保。バランスの取れた、日常使用にてユーザビリティの高い設計となっている。

サスペンションはショーワ製。フロントに倒立型セパレートファンクションフォークを、リアにはリンケージ付きのプリロードアジャスタブルモノショックリアサスペンションユニットを装備する。ブレーキシステムはニッシン製。フロントに軽量310mmダブルディスクが付属した2ピストンスライディングフロントキャリパーと、リアディスクのシングルピストンリアキャリパーが優れた制動力を発揮する。

トライアンフ トライデント660トライアンフ トライデント660

電子デバイスも充実。正確なスロットルレスポンスを実現するライドバイワイヤ方式を採用し、2種類のライディングモード(ロード/レイン)を用意。スロットルマップとトラクションコントロールを電子制御することで優れた操作性と安全性を実現する。

また、TFTディスプレイ付きマルチファンクションインストルメントを搭載。専用のコネクティビティシステムを装着すると、ハンドルバーのスイッチキューブを用いて、Bluetoothを通じたターンバイターンナビゲーション、GoProコントロール、電話とミュージックの操作を行うことができる。

トライアンフ トライデント660トライアンフ トライデント660

スタイリングはロードスターのキャラクターを取り入れつつ、より筋肉質な佇まいを実現。スタイリッシュな新型サイレンサーやブラックデザインの5スポークホイールによりスポーティな印象を高めている。

カラーはシルバー/レッド、ブラック/シルバー、ホワイト、ブラックの4色を設定。価格は97万9000円。

トライアンフ トライデント660トライアンフ トライデント660

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  3. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  4. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  5. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  6. ポルシェ タイカン、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンと共演…30年前の未来が現実に[動画]
  7. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  8. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  9. ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定
  10. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
ランキングをもっと見る