JVCケンウッド、「ドコモドライバーズサポート」対応の通信ドラレコを共同開発

ドコモドライブレコーダーDDR01
ドコモドライブレコーダーDDR01全 8 枚写真をすべて見る

JVCケンウッドは、NTTドコモが11月18日から提供を開始する個人向けサービス「ドコモドライバーズサポート」対応の通信型ドライブレコーダーを、同社と共同開発したと発表した。

ドコモドライバーズサポートは、個人ドライバー向けの月額定額制サービスだ。同社製通信型ドライブレコーダーとスマートフォンアプリ、クラウドサーバーを連携することで、運転時に事故やトラブルが発生した際の映像や位置情報を記録するとともにリアルタイムで家族に知らせるほか、駐車中の異常も検知して自動でアプリに通知できる。

また、急アクセル、急ハンドルなどの危険挙動を検知すると、ドライブレコーダー本体の画面表示と警告音で通知。アプリで危険挙動の履歴や走行中の位置情報を確認できるため、運転経験の少ないドライバーや高齢ドライバーなど、運転に不安がある家族の見守りも可能だ。

今回採用されたドライブレコーダーは、ドコモの4G(LTE)通信が可能なeSIMを内蔵。400万画素CMOSセンサーと水平145°広角レンズ、HDR機能を搭載し、高画質のフルハイビジョン録画を実現する。また、前走車に近づき過ぎたり走行車線をはみ出した際などにアラートで通知するADAS 機能(安全運転支援機能)や、最大24時間の「駐車監視録画」機能も搭載し、ドライバーの安全・安心をサポートする。

LED信号機の無点灯記録防止に対応するほか、ノイズ低減設計で地上デジタル放送電波への干渉を抑制。別売りのセカンドカメラを接続すれば、後方や車内の様子なども同時に記録できる。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ