【BMW Z4 新型試乗】4気筒「sDrive20i」の走りっぷりに口元が緩む…島崎七生人

BMW Z4 sDrive20i M Sport
BMW Z4 sDrive20i M Sport全 23 枚写真をすべて見る

2019年の導入時に試乗したのは、6気筒を積むトップモデルの「M40i」だった。対して今回は4気筒車。果たしてその走りっぷりは?と思い試乗に臨むも、その差は想像以上だった。

車検証に記載の車両重量を見ると、M40iが1570kg(前/後=800/770kg)なのに対し、今回試乗した「sDrive20i M Sport」は1490kg(同=740/750kg)。全体で80kg軽く、とくにフロントは60kgの差で今回の試乗グレードのほうが軽量。

BMW Z4 sDrive20i M SportBMW Z4 sDrive20i M Sport写真をすべて見る
走らせてみるとその違いは歴然としていて、よく試乗レポートで見かける「ノーズの軽さを実感する」の常套句どおり、ステアリングを切れば本当に軽やかにノーズが向きを変える……というかクルマが素直に進行方向を変える。

もちろんM40iも決して鈍重なはずはなく挙動自体は素直で自然だが、較べると、力づくで曲げようとしないで済む分、同じ『Z4』ながらsDrive20iのほうが、ライトウエイトスポーツ的なさわやかな味わいの身のこなしに感じる。

BMW Z4 sDrive20i M SportBMW Z4 sDrive20i M Sport写真をすべて見る
197ps/32.6kgmの性能を発揮する2リットルの4気筒DOHCエンジンは、当然ながら『Z4』との完璧なマッチングを披露する。走行モードの切り替えで走りの“キレ味”が選べるし、8速ATはパドルシフトを駆使して走らせると実に楽しい。シフトダウンでブリッピングを効かせたりと、「心得ているな」と口元を緩ませるパワートレインだ。

車重が軽くなっても乗り味はあくまでもスムースかつ快適で、トップの開閉による乗り味の差もほとんど感じさせない。

そのソフトルーフは、50km/h走行時でも10秒でオープン/クローズ操作が可能という。撮影時、山の天気らしく空模様が急変し大きな雨粒が落ちてきたが、心配要らずでスイッチひとつでトップが閉められた。しかも最後のロックの瞬間まであくまで静かでスムースなのは、最新のオープンカー、それもBMWらしいところ。

BMW Z4 sDrive20i M SportBMW Z4 sDrive20i M Sport写真をすべて見る

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

《島崎七生人》

【画像】【BMW Z4 新型試乗】4気筒「sDrive20i」の走りっぷりに口元が緩む…島崎七生人(23枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  2. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  3. ブレーキパッド交換時の選択肢…安全とコストに差が出る!
  4. 電動化すべき!! 第1位はトヨタ ハイエース、そして…発表【48時間アンケート】
  5. ウド鈴木も登場…トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルを開催
  6. BMWのEVに初の「M」、『i4 M50』は544馬力…生産開始
  7. 日野自動車、ダカールラリー2022参戦車両を発表…軽量化&加速性能を向上
  8. このクルマ要注意 心と身体を揺さぶる新たなMINI John Cooper Worksの真価に迫るPR
  9. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  10. 世界強度レベルの車体骨格を成形…JFEスチールの工法がレクサス新型で採用
ランキングをもっと見る