【三菱 エクリプスクロス PHEV 新型試乗】EVとS-AWCの組み合わせは最強!なんです…竹岡圭

三菱 エクリプスクロス PHEV
三菱 エクリプスクロス PHEV全 24 枚写真をすべて見る

「もう少ししたら電気自動車しか走れなくなっちゃうの? ガソリンのクルマって、なくなっちゃうの?」なんて声が、最近頻繁に聞こえてきたりしますが、声を大にして言います。決してそんなことはありません。

「電動化」という言葉が惑わせているのだと思いますが、あくまで「電・動・化」でありまして、いわゆるガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車(HV)とか、プラグインハイブリッド車(PHEV)などもここに当てはまります。ようは、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなど、燃料を燃やすタイプの内燃機関単体じゃなくて、電気モーター等も上手く使って、電動化しますよ~というお話なのです。

そんな言葉たちがニュースに踊るようになってから、PHEVってなんですか? と聞かれることも増えました。これをひと言で説明する場合「たまたま外から充電もできるハイブリッド車です」と、私は言うことにしています。「HV」は名前こそだいぶメジャーになりましたけど、「EV」なんてちょっと前までは一般的にエレベーターの略語としてしか認識されていなかったくらいで、正直なところなんだかよくわからないのも当然ですよね。

PHEVは、いわゆる電動化シリーズの中で、外からも充電できるHVのこと。それがPHEVとかPHVとか呼ばれておりまして、三菱自動車の場合は「PHEV」と呼んでおります。

三菱がPH「EV」と呼ぶ理由

三菱 エクリプスクロス PHEV三菱 エクリプスクロス PHEV写真をすべて見る
わざわざEVという文字を組み入れたのには理由があります。いま世界的に増えてきた電動化モデルのほとんどは、ガソリンとかディーゼルとかのエンジンがメインで、それをフォローするためにモーターがついているというカタチなんですね。でも三菱のPHEVはモーターが先。基本はモーターで走る電気自動車に近いものなんですけれど、効率がいいと判断すればガソリンエンジンだけでも走れるという、とっても賢いHVなんです。だからこそPH「EV」という名前がつけられているんですよね。

三菱のPHEVを語るには、『i-MiEV』という軽自動車のEV(HVではなく完全な電気自動車。BEVと呼ばれたりすることもあります)のお話から始めなきゃいけなくなります。実はそのi-MiEVを作る時に誕生したモーターが、とっても性能がよかったということで、その後のPHEVに発展していくんです。

「軽自動車用に作ったモーターがとってもよかった。だったらそれを2つ付けたら、もっと大きなクルマにも対応できるんじゃない?」と考えたというからスゴイですよね。普通は、いくらいいモーターができたからといって、軽自動車用に作ったものを、あんな大きなSUVに使おうなんて考えつかないじゃないですか。それが三菱のスゴイところ!そして、その発想を具現化しちゃったんですよね。それが『エクリプスクロスPHEV』の兄貴分、『アウトランダーPHEV』。この兄貴が登場した時に世界中が驚きました。

三菱 エクリプスクロス PHEV三菱 エクリプスクロス PHEV写真をすべて見る
そして今回ご紹介する、エクリプスクロスPHEVはその直系の弟分となります。すごくわかりやすく言うと、アウトランダーPHEVがゆとり感さえ漂う上質なSUVらしいSUVだとしたら、もっとスポーティなデザインと走行性能を追求したのがエクリプスクロスPHEVという感じ。恰好はSUVですけど、ビックリするくらいスポーティな走りをするクルマに仕上げられているんです。

アウトランダーPHEV以上に走りを楽しめるSUV

三菱 エクリプスクロス PHEV三菱 エクリプスクロス PHEV写真をすべて見る
その秘密は4WDシステムの「S-AWC」。元々三菱は昔から、パリダカで活躍したパジェロ等でお馴染みの4WD技術を持っているメーカーですが、そういったいわゆる悪路を走破するための4WDだけでなく、より速く走るための4WDの開発も行っていたんですね。そうして誕生したのがS-AWC。『ランサーエボリューション』に搭載され、モータースポーツシーンでも大活躍。一躍有名になった4WDシステムです。

「4WDは4輪に駆動力を伝える走破力もそうだけれど、実は左右に曲げるためのものにもなる。安定させるだけではなく、ドライバーの意のままに、時には滑らせてコントロールする楽しみも味合わせてくれるもの」として、誕生したのがS-AWCなので、エクリプスクロスPHEVもビックリするくらいよく曲がります。

アウトランダーPHEVにもついていますが、エクリプスクロスPHEVのものとはまた制御が違いまして、エクリプスクロスPHEVの場合は「エコ、スノー、ノーマル、グラベル、ターマック」というドライブモードが設けられています。そして、このターマックモードでワインディングロードを走ったら、ビックリするくらい攻め込めちゃうんです。

三菱 エクリプスクロス PHEV三菱 エクリプスクロス PHEV写真をすべて見る
ちょっとしたスポーツカーよりも、勢いよく走れちゃう姿をみて、周りで見ていた人が驚いたくらい(笑)。ドライバーとしては、まだまだ余裕を持って安心して走っているレベルだったんですけれどね。それだけ安定感が高いということです。

実はこういったシステムは、いわゆる内燃機関で使うよりも、モーターで使った方がよりダイレクトに繊細に制御できるんですよね。なんでも約5倍くらいの速さで制御できるんだとか…。だからPHEVは、組み合わせ的には最強!というわけなんですね。

さらに、エクリプスクロスPHEVは、アウトランダーPHEVよりも、前後の重量バランスを、より50:50に近づけて作られているというところで、クルマの素性的にもスポーティな走りを楽しみやすい方向に仕上げられています。だからあんなに攻めた走りも楽しめちゃうというわけなんですね~。

約1週間分の家庭用電力を賄える

三菱 エクリプスクロス PHEV三菱 エクリプスクロス PHEV写真をすべて見る
そして、走り以外にも超魅力的なご紹介したい部分があります。それは電力を外に取り出せること。ガソリンタンクを満タンにしておけば、いざという時に約1週間分の最低限の家庭用電力を賄えるほどの充電池として活躍できてしまうんです。

日本は自然災害も多い国ですから、ついついそんな有事に備えた使い道が頭に浮かびがちですが、最近は一大キャンプブームでもあります。電気製品が使えると、キャンプシーンはもちろん、もっとお手軽なBBQシーンも、グッと手軽に楽しめるものになります。コロナ禍の今は、アウトドアで楽しんでいる方も増えていますから、他にもさまざまな使い方が考えられそうですよね。

またそれこそコロナ禍のいま、車内で電気も使えるので、書斎としても活躍できます。オウチの駐車場で…もありですが、ちょっと景色のいいところまでお出かけして動く書斎として使うというのも楽しい使い方だと思いますし、夢が広がるクルマってやっぱり楽しいですよね。

三菱 エクリプスクロス PHEVと竹岡圭さん三菱 エクリプスクロス PHEVと竹岡圭さん写真をすべて見る

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト、タレント
「クルマは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、さまざまな媒体で「喋って・書いて・走って」を実践する女性モータージャーナリスト。テレビのバラエティ番組のMCから、官公庁の委員まで、硬軟幅広く携わっている。モータースポーツでも、耐久レースやラリーレイドなど数々のレースに参戦、現在は全日本ラリー選手権に自らチームを立ち上げチャレンジ中。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)副会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

《竹岡圭》

【画像】【三菱 エクリプスクロス PHEV 新型試乗】EVとS-AWCの組み合わせは最強!なんです…竹岡圭(24枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  4. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  5. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  6. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
  7. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  8. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  9. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  10. アキュラのSUV『RDX』に特別モデル、NSX と同じ工場でハンドメイド…11月米国発売
ランキングをもっと見る