山陽本線の姫路市内に新駅…姫路~英賀保間の公園アクセス向上を図る 2026年春開業予定

姫路~英賀保間の新駅は姫路市が策定した「手柄山中央公園整備基本計画」に基づくもの。
姫路~英賀保間の新駅は姫路市が策定した「手柄山中央公園整備基本計画」に基づくもの。全 2 枚写真をすべて見る

JR西日本は1月14日、山陽本線姫路~英賀保(あがほ)間の新駅設置について、国土交通省近畿運輸局に対し鉄道事業法に基づく事業基本計画の変更認可申請を行なったことを明らかにした。

姫路~英賀保間は姫路市内の山陽本線では約4.6kmと最も駅間が長いが、新駅はその中間付近(英賀保駅から約2.8km、姫路駅から約1.8km)の西延末(にしのぶすえ)地区に位置する。

この付近には、文化・スポーツ施設が集まる手柄山中央公園があることから、姫路市は公共交通機関によるアクセス向上を企図。2016年12月に公園再整備のための手柄山中央公園整備基本計画を策定し、JR西日本と新駅設置の覚書を締結していた。

姫路市では、具体的な整備内容は協議・検討中としているが、JR西日本の発表によると、開業は2026年春を予定しており、12両編成に対応した相対式ホーム2面(6両編成対応の旅客上家を含む)やエレベーター2基を備える橋上式駅舎となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ