あこがれの充実装備キャンパー “キャブコン”22台を一気見せ!…ジャパンキャンピングカーショー2021[フォトレポート]

あこがれの充実装備キャンパー “キャブコン”22台を一気見せ!…ジャパンキャンピングカーショー2021[フォトレポート]
あこがれの充実装備キャンパー “キャブコン”22台を一気見せ!…ジャパンキャンピングカーショー2021[フォトレポート]全 62 枚写真をすべて見る

一般のユーザーが思い浮かべるキャンピングカーがこのキャブコン(キャブコンバージョン)と呼ばれるカテゴリーだろう。

トラックのシャーシの上にキャンパーシェルを架装したりフレームを設置するスタイルで、任意のサイズのキャンピングカーの空間を作ることができるのが魅力。

トヨタの『カムロード』をベースにした車両が多いが、『ハイエース』や日産『NV350キャラバン』をベースにして架装したキャブコンも存在する。トラックベースに比べて乗り心地や運動性能を求めるユーザーに受けているモデル群だ。

キャブコンは、架装するキャンパーシェルは各メーカーのオリジナルで、サイズや形状はまちまち。そのため全長などのボディサイズはもとより、出入り口の場所やバンクベッド(運転席上に張り出した天井部分)のサイズ&形状、さらには天井の高さなどはモデルごとにそれぞれ個性がある。そのため乗車人数やキャンピングスタイル、積載量などを鑑みてモデル選びができる。このセレクト幅の広さも多彩なレイアウトや仕様が用意されているキャブコンならではの魅力。余裕のスペースでゆったりとキャンプするには絶好のモデルと言えるだろう。

東和モータース販売が出展したヴォーンEXCLUSIVE Li。カムロードベースのキャブコンで後部のダイネットに加え2段ベッドとバンクベッドを備えた仕様。東和モータース販売が出展したヴォーンEXCLUSIVE Li。カムロードベースのキャブコンで後部のダイネットに加え2段ベッドとバンクベッドを備えた仕様。

(ジャパンキャンピングカーショー2021)

《土田康弘》

【画像】あこがれの充実装備キャンパー “キャブコン”22台を一気見せ!…ジャパンキャンピングカーショー2021[フォトレポート](62枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  6. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  7. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  8. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  9. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  10. 【プジョー e-208 新型試乗】プレミアムコンパクトカーの象徴的な存在…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る