とつぜん前が見えない!!…スマホ操作の危険性を体験、レクサス NX 改造車[動画]

運転中に突然前が見えなくなるレクサス NX の特別改造車
運転中に突然前が見えなくなるレクサス NX の特別改造車全 3 枚写真をすべて見る

レクサス(Lexus)の米国部門は4月6日、運転中のスマートフォン操作の危険性を警告する映像『Driving Disrupted』を、公式サイトを通じて公開した。

レクサスが、この映像を4月6日に公開したのには、理由がある。米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)の調査によると、運転中のドライバーがスマートフォンを操作してメッセージを送受信するのに、平均4.6秒かかるという。

NHTSAによると、注意散漫な運転によって2019年の1年間に、米国で3142人の命が奪われた。約90km/hで走行中、前方の道路から4.6秒も視線をそらすのは、目を閉じてサッカー場を運転するようなものだという。

レクサスの映像『Driving Disrupted』では、ドライバーが4.6秒間、前方を見ることができなくなった時、何が起こるかを示している。参加者は試乗と思って、クローズドコースでレクサス『NX』のハンドルを握る。このNXに、特別な改造が施してあることを、参加者は知らない。

運転中に突然前が見えなくなるレクサス NX の特別改造車運転中に突然前が見えなくなるレクサス NX の特別改造車

試乗車の「NX4.6」には、フロントガラスと前席左右のガラスを、瞬時に透明から不透明に変える技術を搭載した。これにより4.6秒間、ドライバーは前方がまったく見えなくなる。

レクサスのマーケティング担当、ビナイ・シャハニ副社長は、「最新の先進運転支援システムでも、ドライバーの細心の注意に取って代わることはできない」と語っている。

運転中に突然前が見えなくなるレクサス NX の特別改造車運転中に突然前が見えなくなるレクサス NX の特別改造車

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  6. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  7. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  8. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  9. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  10. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
ランキングをもっと見る