ビートル が4ドアで復活? EV『パンクキャット』を長城汽車が発表…上海モーターショー2021

長城汽車ORAの新型EV、パンクキャット(上海モーターショー2021)
長城汽車ORAの新型EV、パンクキャット(上海モーターショー2021)全 14 枚写真をすべて見る

長城汽車(GWM)は4月19日、中国で開幕した上海モーターショー2021において、「ORA」ブランドの新型EV『パンクキャット』をワールドプレミアした。

長城汽車は現在、タイ、ロシア、インドなどに工場を保有している。また、世界60か国以上で500以上のディーラーによる販売ネットワークを確立し、ロシア、オーストラリア、南アフリカ、中南米、中東の主要都市でコアとなるビジネス地区をカバー。海外市場で70万台以上の車を販売してきた。

長城汽車は傘下に、HAVAL、WEY、ORA、GWM PICKUP、TANKの5ブランドを擁する。このうち、ORAブランドが上海モーターショー2021で初公開したのが、新型EVのパンクキャットだ。

このパンクキャット、メディアの間で、フォルクスワーゲン『ビートル』に似ていると話題になった。オリジナルのビートルの直系モデルとなる『ザ・ビートル』は2011年春、上海モーターショー2011でワールドプレミアを飾った(2019年7月に生産終了)。今回、上海モーターショー2021において、10年ぶりにザ・ビートルが復活デビューか、と注目されたのだ。

丸型ヘッドライトやボリュームのあるフェンダーに、フォルクスワーゲンとの共通点が見いだせるパンクキャット。ただし、ボディが4ドアとなっている点は、フォルクスワーゲンとの違いだ。長城汽車ORAの新型EV、パンクキャット(上海モーターショー2021)長城汽車ORAの新型EV、パンクキャット(上海モーターショー2021)写真をすべて見る

《森脇稔》

【画像】ビートル が4ドアで復活? EV『パンクキャット』を長城汽車が発表…上海モーターショー2021(14枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  2. トヨタ ハイランダー、RAV4 の兄貴分に2022年型…ハイブリッド専用の新グレード登場
  3. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭
  4. ホンダ シビック タイプR 新型のデザインはこれで決定!? トリプルエキゾーストの迫力
  5. スバル『WRXスポーツワゴン』登場へ、正体は2.4ターボ搭載のレヴォーグ 2022年豪州発売
  6. 【MINI クーパー 新型試乗】手放すとまた乗りたくなるのが『ミニ』である…島崎七生人
  7. カワサキ・メグロK3…復活のブランド、絶対的な価値観[写真24点]
  8. VW ゴルフ のセダン版『ジェッタ』、新エンジン搭載…高速燃費が向上[写真19点]
  9. これはいいニコイチ:ジムキャリィとジムリィ…アソモビ2021
  10. ノンストップ大陸横断、ホンダジェット2600 を発表[動画]
ランキングをもっと見る