東京-米西海岸を6時間で結ぶ超音速機、米ユナイテッド航空も15機購入へ[新聞ウォッチ]

ユナイテッドの超音速機(イメージ)
ユナイテッドの超音速機(イメージ)全 6 枚写真をすべて見る

米国のユナイテッド航空が、超音速機を開発する米航空機ベンチャーの「ブーム・スーパーソニック」から15機の超音速機を購入する契約を結んだという。ユナイテッド航空が発表したもので、きょうの日経などがネット上に配信している。

それによると、東京と米西海岸のサンフランシスコ市を6時間で結ぶほか、持続可能な燃料(SAF)のみで運航され、脱炭素化の目標にも貢献するとも伝えている。

購入額は明らかにしていないが、2029年の商用化を見込んでいるようだ。ブーム社が開発する超音速機は、速度がマッハ1.7(音速の1.7倍)で、現状の航空機の2倍の速さという。超音速機といえば、燃費の悪さや騒音問題などを理由に2003年に退役した英仏共同開発の『コンコルド』が知られていたが、それに次ぐ超音速機として、しかも「脱炭素」の切り札になると期待が寄せられている。

旅客収容人数は65~88人となる見通しで、現在のサンフランシスコ~東京間の飛行時間は約10時間前後かかるが、この超音速機ならば6時間と大幅に短縮されるようだ。

ブーム社はアマゾンなどが2014年9月に設立した独立系の機体メーカー。ロールスロイスなどのほかに、日本航空(JAL)も2017年に1000万ドル(発表当時11億円)を出資して提携しており、20機の機体の優先発注権を得ているという。ユナイテッドの超音速機(イメージ)ユナイテッドの超音速機(イメージ)

2021年6月4日付

●EV充電設備普及に協力、自工会・豊田会長「業界当てにして」、東京モーターショー次回は23年 (読売・10面)

●企業研究Panasonic、EV電池主力化道半ば、テスラ依存危うさも (読売・11面)

●燃費記録装置義務化へ、新車、23年にも実燃費明確に(朝日・1面)

●5月日本車新車米販売4割増加、経済正常化背景に(毎日・6面)

●自動車、脱炭素へ総力戦、ESG投資選別にらむ (日経・13面)

●ホンダ、中国新車販売5月4.1%減(日経・13面)

●全固体電池、迫る日独決戦、EVの航続距離2倍に (日経・15面)

●ルノーとの協定株主が開示要求、日産「守秘義務」と反対 (日経・16面)

日本自動車工業会の豊田章男会長は6月3日にオンラインを通じて行った記者会見で、今秋の開催中止を決めた東京モーターショーの次回について、2023年の開催を同日開いた理事会で決……

《福田俊之》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  3. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  4. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  5. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  6. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  7. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
  8. ポルシェ タイカン、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンと共演…30年前の未来が現実に[動画]
  9. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  10. ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定
ランキングをもっと見る