VWの電動SUV『ID.4』のオフロードラリー仕様、米博物館で展示

フォルクスワーゲン ID.4 オフロードコンセプト
フォルクスワーゲン ID.4 オフロードコンセプト全 8 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲンは6月7日、『ID.4オフロードコンセプト』(Volkswagen ID.4 off-road concept)が、米国ピーターソン自動車博物館のEV展示に追加された、と発表した。

ピーターソン自動車博物館は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスにある。ロバートEピーターソン氏によって1994年に設立され、世界中の名車を収蔵。世界最大の自動車博物館のひとつとされている。

ID.4オフロードコンセプトは、フォルクスワーゲンの新世代EVの「ID.」ファミリー初の電動SUV 、『ID.4』をベースにオフロードラリー参戦車に仕立てた1台だ。市販車のID.4に対して、最小限の改造でラリーに出走できるようにした。

このID.4のオフロードコンセプトは2021年春、メキシコのバハ半島で開催された全米オフロードレース協会(NORRA)の「メキシコ1000レース」に参戦し、完走を果たした。エントリーした全90台のうち、完走したのは64台だった。

フォルクスワーゲン ID.4 オフロードコンセプトフォルクスワーゲン ID.4 オフロードコンセプト

これを記念して、ピーターソン自動車博物館の「Building an Electric Future」に、ID.4オフロードコンセプトが期間限定で展示されることになった。「Building an Electric Future」はEVの特別展で、未来のモビリティに関する自動車業界の現在の取り組みを紹介し、世界の自動車メーカーが開発したEVコンセプトカーを展示している。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ