【夏休み】『SL大樹』の転車台広場に泊まる…東武が1泊2日のSL体験プログラム

夜の下今市駅転車台広場。車で宿泊できるが、テントも利用できる。
夜の下今市駅転車台広場。車で宿泊できるが、テントも利用できる。全 2 枚写真をすべて見る

東武鉄道(東武)は7月15日、下今市駅(栃木県日光市)の転車台広場に宿泊できる「夏休みこども体験プログラム」を8月20~21日に実施すると発表した。

これは1泊2日のスケジュールで、1日目は機関庫内での各種作業の見学、汽笛吹鳴体験、SL用車両の清掃体験、下今市駅での終列車後の業務見学を実施。2日目は『SL大樹』に乗車して、SL観光アテンダントの案内業務を見学・体験。鬼怒川温泉駅(栃木県日光市)での特急の出発合図体験、SL転車時のマイクパフォーマンス体験なども行なわれる。

8月20日は15時30分集合、翌21日は11時30分頃解散で、5つの区画に分けた転車台広場に自家用車を乗り入れ、車内で宿泊する。各自で手配したテントでの宿泊や宿泊施設の利用も可能。当日は、SL展示館の夜間開放も実施される。

子供1人と保護者1人以上が参加できるが、大人のみの参加は不可。参加費用は1区画4万5000円で、各区画4人まで利用が可能。申込みは7月31日まで東武のウェブサイトに用意されている専用フォームで受け付けている。申込み多数の場合は抽選となり、8月3日に当選が通知される。

1日目は『SL大樹』運行終了後の作業を見学できる。1日目は『SL大樹』運行終了後の作業を見学できる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  2. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  3. シトロエン C4 新型、フランス本国では市場セグメントで販売首位
  4. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  5. 【ホンダ シビック 新型試乗】“G”世代にも響く?ドライバー重視の仕上がり…島崎七生人
  6. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  7. これが日産の本気!コンパクトカーの概念を覆すノート オーラの真髄を女子編集者と中谷明彦がロングドライブで検証してみた!PR
  8. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
  9. 新型ドラレコ、3カメラで前後左右さらに車内をフルハイビジョン録画 セルスターが発売
  10. ホンダの電動SUV『プロローグ』、年間7万台販売へ…2024年北米発売予定
ランキングをもっと見る