日高本線の廃止駅で保存の動き…北海道日高町が2022年を目途に旧日高門別駅の保全を目指す

立入禁止の柵が入っている旧日高門別駅の構内。
立入禁止の柵が入っている旧日高門別駅の構内。全 5 枚写真をすべて見る

北海道日高町は、4月1日に廃止された日高本線鵡川~様似間を記憶するプロジェクトを起ち上げている。

これは「太平洋沿岸に続く日高の町から消えてしまいそうな日高本線と駅舎の記憶を保存する活動」として、インターネット募金(クラウドファンディング)を通して、町内にある旧日高門別駅舎を保存しようという取組みで、駅舎のほか、島式のホームや側線を含む線路などの地上設備も保全するとしている。

資金は9月30日まで「ふるさとチョイス」のウェブサイトで募っており、目標金額は600万円。7月16日時点で8人から総額10万4000円の支援が集まっている。

日高町では事業に必要な金額に約1540万円を見込んでいるが、クラウドファンディングの目標金額は最低限の予算での事業実施を想定しており、到達しない場合でも計画変更により適切な事業を選び、プロジェクトを進めたい構えだ。目標金額を超えた場合は、日高本線に関連する設備なども合わせて保管すべく、交渉するとしている。

旧日高門別駅の駅舎。列車が発着していた時代と変わらない佇まい。旧日高門別駅の駅舎。列車が発着していた時代と変わらない佇まい。

計画では、2021年秋に備品購入と同時にリノベーションを開始。2022年春に完了し、同年夏には記念イベントを開催するとしており、駅舎については、日高本線の記憶を留め、地域の思いを繋ぐコミュニティスペースとしても活用するべく、関連する写真、鉄道車両や駅舎にまつわる品の寄贈も呼び掛けている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  2. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  3. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
  4. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  5. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  6. GT-Rを生んだプリンス自動車をご存知ですか?
  7. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  8. 新連載[ソースユニット]プロが『サイバーナビ』を薦めるワケ
  9. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  10. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
ランキングをもっと見る