アルピナ最高峰のパフォーマンスとエレガンス、『B8グランクーペ』が日本発売…価格は2557万円から

アルピナ B8グランクーペ
アルピナ B8グランクーペ全 54 枚

アルピナは29日、都内で新型『B8グランクーペ』の発表会を行なった。最大出力621ps、最大トルク81.6kgmを発揮するエンジンを搭載し、エレガントな内外装を持つことで、ファーストクラスの快適性と“戦闘機の性能”とを併せ持つという。

2020-2021カー・オブ・ザ・イヤーでパフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した『アルピナB3』も国内販売も好調となっているなか、日本国内に向けてさらに上位車種であるB8グランクーペをお披露目した。

世界最高水準のパフォーマンスとダイナミクス、快適性を追求したインテリアを併せ持つB8グランクーペは、アルピナを国内で扱うニコルオートモビルズ社長のミハエル・ヴィット氏のプレゼンテーションによれば、ファーストクラスの快適性と戦闘機のような俊敏性を併せ持つという。

エンジンは4.4リッターV型8気筒エンジンを搭載し、457kW(621ps)の最高出力を発揮。800Nm(81.6kgm)の最大トルクを2000回転の低回転域で発生させる。このパワーとトルクを持つことで、0-100km/hの加速は3.4秒、巡航最高速度は324km/hとなる。この巡航最高速度とは、この速度で快適にステアリング操作が行える速度だという。

アルピナ B8グランクーペアルピナ B8グランクーペ

エクステリアは、ベース車両のBMW『8シリーズ・グランクーペ』の流れるようなボディラインを生かし、エレガントなデザインを見せる。フロント部分にはオリジナルのリップスポイラーを装備することで空力的に最適化が施される。リヤにもボディラインを崩さないように配慮された控えめなスポイラーが装着される。
またリヤにはスポーティーなディフューザー・インサートを備え、左右にアルピナらしいV8サウンドを奏でる、オーバル4本出しのマフラーを装備することで、アルピナを象徴するようなリヤビューも演出している。

またアルピナの伝統的な20本スポークデザインのホイールを採用し、フロント245/35ZR21、リヤ285/30ZR21のタイヤを装備する。

アルピナ B8グランクーペアルピナ B8グランクーペ

インテリアは8シリーズならではのラグジュアリーで上質な仕上がりをみせる。レーザー刻印でアルピナ・エンブレムをあしらったクリスタル仕様のiDriveコントローラーや、高品質で天然のラヴァリナ・レザーを用いたステアリングホイール。展示車ではバイカラーが施されたレザーシートや内装などが装備される。

2021年9月29日より国内において販売が開始され、希望小売価格(10%の消費税込み車両本体価格)は左ハンドル仕様が2557万円、右ハンドル仕様が2602万円となる。

アルピナ B8グランクーペアルピナ B8グランクーペ

《雪岡直樹》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  2. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  3. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  4. 日本の名車をホットウィールで体感! 実車以上に迫力あるディティールを手のひらで所有する幸せPR
  5. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  6. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  7. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  8. レクサス『RZ』、ブランド初のEV専用モデルはクロスオーバー車に
  9. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  10. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
ランキングをもっと見る