トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継

トヨタの新型ミッドシップスポーツ、予想CG
トヨタの新型ミッドシップスポーツ、予想CG全 10 枚

一時は凍結されていたと見られる、トヨタのライトウェイト・ミッドシップスポーツの開発が再び動き出したという情報を、スクープサイト「Spyder7」が入手。『MR2』の後継モデルとも噂されるその姿を予想した。

MR2は1984年に日本初の市販ミッドシップモデルとして誕生。1989年の第2世代を経て1999年に『MR-S』へとバトンタッチする形で終了となったが、現在でもトヨタを代表するスポーツカーの1台として語り継がれている。トヨタは名車『スープラ』を2019年に復活させており、『セリカ』やMR2の後継モデル開発に注目が集まっている。

2004年のジュネーブモーターショーで公開されたトヨタ『ボルタ』(アレサンドロボルタ)2004年のジュネーブモーターショーで公開されたトヨタ『ボルタ』(アレサンドロボルタ)
トヨタのミッドシップとして思い出されるのは、2004年のジュネーブモーターショーで初公開されたコンセプトカー『ボルタ』だ。この新型ミッドシップスポーツはそのボルタのイメージを継承し、かなりアグレッシブなデザインが検討されているという。

現在自動車業界において、スポーツカーを単独で開発するためにコストをかけるのは困難だ。『86』がスバル、スープラがBMWというパートナーを得たのもそれが最大の理由とされており、そこで注目されるのがMR2における新パートナーだ。すでに水面下でその交渉が勧められている可能性もあるが、ポルシェや長年エンジンを供給していたロータスあたりが有力となるだろう。

そんな新型ミッドシップスポーツの姿をSpyder7が予想してみた。

トヨタの新型ミッドシップスポーツ、予想CGトヨタの新型ミッドシップスポーツ、予想CG
スーパーカーらしいシルエットに、サイド、フロントなど、随所に躍動感あふれるシャープに切れ上がったキャラクターラインを持つだろう。サイドのアンダースカート部分は、2つのラインを交差させた超立体的ラインとした。ヘッドライトは、LEDプラス3連プロジェクターを搭載。また、ディフューザーはスープラ譲りのヘッドライトにつなげたデザインなどが予想される。

パワートレインは、断定はできないが電動化されることが有力で、2.8リットルあるいは3.0リットルV型6気筒エンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドが予想されており、最高出力は350ps~400ps程度か。

最新情報によると、価格帯は当初予想された1000万円級ではなく、600万円以下になるという話もある。

MR2後継モデルとなるか、トヨタの新型ミッドシップスポーツは、順調に開発が進めば2024年あたりの登場が予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  2. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  3. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  4. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  5. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
  6. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  7. ポルシェクラシック、旧車のパフォーマンスを向上させるパーツを発売へ
  8. 新型EV『モデルE』、航続750km…ピニンファリーナがデザイン
  9. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  10. 伊藤かずえの『シーマ』レストア完了…12月7日YouTube生配信で完成車を披露
ランキングをもっと見る