【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】もう少しパワーを、と思うのは欲張りですか?…竹岡圭

スズキ ワゴンR スマイル
スズキ ワゴンR スマイル全 16 枚

スズキさんにしては、ちょっと出して来るのが遅かった?くらいのモデルですよね。全高を抑えたスライドドアモデル。

この分野を初めに開拓したのは、インナースライドドアという技法を使った三菱の『eKワゴン』でしたが、『ワゴンRスマイル』はいわゆる通常のスライドレールを使っているので、さすがに全高1550mmではないものの、『スペーシア』ほど高くないという絶妙なパッケージングに仕上げられています。

スズキ ワゴンR スマイルスズキ ワゴンR スマイル
そのスペーシアだと、空間は広いものの、そこまで上方向の広さはいらないとか、運動性能的に重心高が上がってしまうとか、少々ファミリー色が強くなるので子育て層以外には抵抗が…といった話があり、でもやっぱりスライドドアは欲しいという声に応えてというのが誕生の経緯なのですが、確かに狭い場所での開閉、子供がいきなりバタンと開けても安心、後部座席に荷物だけ置きたい時に、運転席からいちいち回り込む必要がないなんていう利便性の高さを考えると、そのニーズは深く頷けるところ。

そして実際乗ってみると、1480mm以下という全幅の制約がある=トレッド幅の制約がある軽自動車だからこそ、重心高が抑えられているというのは、運動性能的アドバンテージの高さ=安心感を強く感じました。

スズキ ワゴンR スマイルスズキ ワゴンR スマイル
元々スズキの軽自動車は、ハンドルを切ったらピーキーじゃない程度にクルマがスッと動くというのが特徴だと思うのですが、街中をチョコチョコ走るからこそ、いざという時スッと動ける性能の高さは、今回も見事に仕上げられていましたし、直進暗転性もなかなかに高く、高速巡行でも不満感ナシ。となると、もう少しパワーが欲しいなぁと思ってしまうのは欲張りでしょうか。

NAとはいえ、モーターを組みあわせたマイルドハイブリッドモデルなので、街中ではパワー的にも十分なのですが、やはり高速巡行となるとターボが欲しいかなと…。特に踏み込んだ時は音も大きめになってしまうので、是非ターボモデルの登場を願いたいところです。

スズキ ワゴンR スマイルスズキ ワゴンR スマイル

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト、タレント
「クルマは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、さまざまな媒体で「喋って・書いて・走って」を実践する女性モータージャーナリスト。テレビのバラエティ番組のMCから、官公庁の委員まで、硬軟幅広く携わっている。モータースポーツでも、耐久レースやラリーレイドなど数々のレースに参戦、現在は全日本ラリー選手権に自らチームを立ち上げチャレンジ中。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)副会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

《竹岡圭》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ GRスープラ、ついに6速MTを搭載? 直6「S58」エンジンのみ設定か
  2. 『頭文字D』作中車に乗る、今なら買える---24選
  3. 【スバル WRX S4 新型試乗】パワーダウンでも余りある、プラス400ccの恩恵…片岡英明
  4. 板チョコのようなEV向け電池、航続は1個200km…交換は1分で
  5. 個人タクシードライバーの若返り 制度を導入へ
  6. 【VW ティグアン 4000km試乗】持て余すほどの高性能を、価値と見るか無駄と見るか[前編]
  7. 日産『シルビア』復活!…メーカーが本気になるワケがあった
  8. 【VW ゴルフGTI 新型試乗】コルベットは変わった。ゴルフはどうだ?…中村孝仁
  9. 東日本エリアのSA・PA、進化が止まらない!…トラックドライバーが利用しやすい設備も
  10. まさに「プチ・ハイエース」!ダイハツ アトレー プレミアムVer.…東京オートサロン2022[詳細画像]
ランキングをもっと見る