ポルシェ 911サファリ 市販化へ着々と…3リットルターボ搭載で443馬力か

ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)
ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)全 12 枚

ポルシェが現在開発中と見られる、ハイライディング仕様(車高がリフトアップしているモデル)の『911サファリ(仮)』最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

2020年10月、ニュルブルクリンクで初めて開発車両を捉えて以降、今年に入ってからは1月、2月、4月、そして7月に出現。クロスオーバーモデルらしく、トラック、ターマック(路上)、スノーとあらゆる条件下で開発テストが行われている。

ニュル付近の市街地で捉えた最新プロトタイプは、標準の911カレラより最低地上高が約2インチ(5.08cm)高く、足まわりには295/40ピレリタイヤと20インチホイールが装着されていたという。おそらく、アクティブダンパー、より柔らかく長いスプリングを搭載し、オフロードドライブモードと、全輪駆動システムを採用、砂利/泥/雪上での運転を可能にするはずだ。

ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)

市販型では、フロントとリヤのトラックはワイド化され、ホイールアーチ、サイドシル、フロント&リヤバンパーのクラッディング、スキッドプレートを装備すると予想される。

伝えられるところによると、パワートレインは「911カレラ4」から3.0リットル水平対抗6気筒ツインターボエンジンを流用、最高出力は443ps、最大トルク528Nmを発揮するという。

最終的な車名は確定していないが、現段階では「911サファリ」が有力候補の一つに挙げられている。サファリと言えば、ポルシェでは1970~80年代に東アフリカのサファリラリーやパリダカールラリーに参戦していた伝説のラリー仕様が有名だ。2012年にはコンセプトカー「911ビジョンサファリ」が披露されていたが、今回のモデルの発売が実現すれば、サファリの意匠を継承する初の市販モデルとなる。

911サファリ(仮)のワールドプレミアは2022年内、限定生産となる可能性が高そうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 日産『シルビア』復活!…メーカーが本気になるワケがあった
  2. ランボルギーニ初のオフロード・スーパーカー『ステラート』、まさかの市販化へ
  3. 「眩しい!」をなくしてデザインや質感を作り込む…マツダの新型車開発
  4. 【ダイハツ アトレー 新型】発売1か月で月販目標の8倍、「第三の居場所」人気で
  5. 【日産 フェアレディZ 新型試乗】感動の走り!これは世界トップレベルのドライビングファンだ…ピストン西沢
  6. スバル STI E-RAのデザインは、空力と低重心感…東京オートサロン2022[インタビュー]
  7. トヨタのフルサイズSUV、『セコイア』新型ティザー 1月25日にモデル発表へ
  8. 板チョコのようなEV向け電池、航続は1個200km…交換は1分で
  9. 【マツダ CX-3 新型試乗】小さな高級車好みに刺さる「Super Edgy」…島崎七生人
  10. 【アクア vs ヤリス 比較】デザイン・居住性・使い勝手・運転のしやすさはどっちが上?
ランキングをもっと見る