BMW『XM』、新デザイン言語採用の電動SUV[詳細写真]

BMW コンセプト XM
BMW コンセプト XM全 37 枚

BMWは11月30日、『コンセプトXM』 (BMW Concept XM)を発表した。2022年に市販予定の『XM』のプレビューモデルになる。

コンセプトXMには、新開発のプラグインハイブリッド(PHV)システムの「Mハイブリッド」を搭載する。V8エンジンに高性能な電気モーターを組み合わせて、最大出力750hp、最大トルク102kgmを引き出す。EVモードでは、最大80kmのゼロエミッション走行を可能にしている。

コンセプトXMでは、BMWのラグジュアリークラスのモデル向けに、新しいプログレッシブなフロントデザインを提示した。この新しいデザイン言語は、ラグジュアリーセグメントにおけるBMWの新車攻勢の一部として、2022年に初登場する予定だ。

ヘッドライトは2つの別々のモジュールに分割された。スリムなデイタイムランニングライトが配される。水平基調のキドニーグリルは、ヘッドライトの間に大胆に配置され、外側に向かって先端が細くなっている。フロントのダイナミックな特徴を強調する八角形の輪郭を形成するという。

BMW コンセプト XMBMW コンセプト XM

ブラックのキドニーグリルトリムが、グロスブラックのグリル内部と組み合わせられた。グリル内には、Mスタイルのダブルバーをあしらう。キドニーグリルには照明機能が付いており、夜間でもすぐに認識できるようにした。キドニーグリルのXMロゴと大型エアインテークは、電気モーターと連携してMハイブリッドシステムを構成するV8エンジンのパワーを示唆している。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ GRスープラ、ついに6速MTを搭載? 直6「S58」エンジンのみ設定か
  2. ミラー交換型、2カメラドラレコが新登場…デジタルバックミラー機能搭載
  3. 日産『シルビア』復活!…メーカーが本気になるワケがあった
  4. レクサス LX 新型、日本にない「F SPORT」設定…米国仕様
  5. 『頭文字D』作中車に乗る、今なら買える---24選
  6. 日産 ローグスポーツ、エクストレイル の弟分に2022年型…米国発表
  7. キャデラック エスカレード に高性能モデル「V」、写真公開
  8. ジープ、電動モデルのみを販売へ…2022年内に欧州主要国で
  9. 【VW ティグアン 4000km試乗】持て余すほどの高性能を、価値と見るか無駄と見るか[前編]
  10. 【VW ティグアン 4000km試乗】「SUVの皮を被ったGT」地味ながらフットワークは卓越のきわみ[後編]
ランキングをもっと見る