EVバンでありながらガソリン車並の低価格…ジャパントラックショー2022

ジャパントラックショー2022
ジャパントラックショー2022全 9 枚

5月14日までパシフィコ横浜で開催中の『ジャパントラックショー2022』。EV関連を手がけるベンチャー企業であるフォロフライが出展。ブースにはEVバンでありながら、販売価格はガソリン車並という低価格で1トンクラスの宅配用EV『EV VAN F1』が展示されていた。

EV VAN F1の最大積載量は、普通免許で運転可能な950kgとなっている。また販売価格はEVでありながら380万円と、ガソリン車同等の低価格が特徴。航続可能距離は300kmと、物流に必要なラストワンマイルには十分な距離となっている。

シンプルなデザインのフロントフェイス。シンプルなデザインのフロントフェイス。荷室は十分な広さがあり、軽バンよりもかなり広いといった印象。荷室は十分な広さがあり、軽バンよりもかなり広いといった印象。

◆一般的な乗り方をしても約220kmの航続が可能

担当者に詳細を聞いたところ、走行可能距離についてはエアコンの使用や、ストップアンドゴーの頻度によって変化するとは言え、多めの乗り降り、エアコンも普通に使用し一般的な乗り方をしても、200~220kmは可能とのこと。また低価格で提供できる理由については、中国ですでに生産・販売されているEVバンを、日本の安全基準に基づき再設計し、車両を中国のメーカーがOEM生産し提供するという形を取っているためとのこと。

また物流大手SBSホールディングスがEV VAN F1の導入を決定しているともいう。同社は、すでに稼動している約2000台の車両を今後5年程度でEVに置き換え、さらに協力会社の車両も含めて中期的に1万台程度のEVを導入すると発表している。


《関口敬文》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル、レヴォーグなど5万2000台をリコール…始動不能となるおそれ
  2. [カーオーディオ“なぜ?”]車内を“うるさい”と感じるドライバーが増えている
  3. ケータハム史上最高のサーキット性能、『SEVEN 420カップ』…欧州発表
  4. BMW 3シリーズ 改良新型を300km/h超に…アルピナ『B3リムジン』発表
  5. ドライブデートでイヤだと思ったこと1位…相手に対する思いやりが必要ですね
  6. メルセデスベンツ、超高級車ブランド「ミトス」立ち上げ…マイバッハの上に位置
  7. 名車スバル『インプレッサ 22B』を400馬力に、25台をレストア&カスタムへ…プロドライブ
  8. VW ゴルフR に20周年記念車、333馬力まで強化…欧州設定
  9. スバル BRZ、ライティングスイッチの操作性を見直し…一部改良モデル発表
  10. 「ノア/ヴォク」の牙城を崩すか? ホンダ『ステップワゴン』新型ついに発売、価格は299万8600円から
ランキングをもっと見る