バイク用Bluetoothインカム「B+COM」、おひとり様専用のカジュアルモデル登場

B+COM PLAY
B+COM PLAY全 14 枚

サインハウスは、バイク用Bluetoothインカム「B+COM」シリーズの新製品「B+COM PLAY」を7月23日より発売する。

B+COMは、2008年に誕生した日本初の二輪用インカムブランド。現在、ハイエンドモデル「SB6X」、プレミアムスタンダードモデル「ONE」を発売している。今回、インカム通話機能非搭載で手軽に使えるカジュアルモデル「B+COM PLAY」をラインアップに追加する。

B+COM PLAYは、スピーカーをヘルメット内部に、コンパクトな本体ユニットをヘルメット側面に取り付けるだけ。スマートフォンをはじめとするBluetoothデバイスと接続し、ワイヤレスで音楽やナビ音声を聴くことができる。デバイス2台の同時接続に対応。音楽やナビ、レーダーなど、デバイスを使い分けて使用できる。

音量調節や曲送り・曲戻し、一時停止は本体ユニットのボタンを押すだけ。ヘルメットを被ったまま、かんたんに操作できる。また、付属のワイヤーマイクを取付ければスマートフォンのハンズフリー通話着信に対応。SiriやGoogleアシスタントの音声認識機能をボタン操作で起動させ、走行中にスマートフォンの操作を音声で指示することもできる。

本体ユニットのカラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ガンメタリック、マットゴールド、マットメタリックブルーの5色を設定、ヘルメットに合わせたカラーを選ぶことができる。

連続使用時間は音楽再生で最大12時間、充電時間は約2時間、防水防塵性能はIP67相当。価格は1万2980円。


THANKO おひとり様用着るこたつ「こたんぽ」 TK-WOK21BW
¥7,480
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヘッドアップディスプレイに表示できる情報を規定 国交省
  2. 【トヨタ GRカローラ】GRヤリスと何が違う? 開発者が考えるホットハッチ市場の現状とは
  3. メルセデスベンツ『GLA』は生き残ることができるか? 大規模マイチェンをスクープ
  4. エアコンフィンに挟むだけで冷房効率アップ、USB車載扇風機発売
  5. 林業専用のダンプカー…奥地まで入れる工夫 アクティオが本格レンタル開始
  6. ホンダ『ステップワゴン』vs トヨタ『ノア』…優劣いろいろあって
  7. 【日産 アリア 新型試乗】第一印象は、洗練、上質、そして知的なBEV…中村孝仁
  8. 【DS 4 新型試乗】イタフラ系のクルマを誰もが選べるようになった…中村孝仁
  9. ポールスターの新型EVは4ドアGT、ツインモーターは884馬力[詳細写真]
  10. ブリッツから待望の新製品『マルチメーター&レーダー探知機』のタッチブレインシリーズが登場!PR
ランキングをもっと見る