ヘルメットはふるさと納税でも人気…記事ランキング 2022年上期

2022年01月01日~2022年07月31日の期間のヘルメットに関する記事のアクセス数を元に、独自ポイントで集計したランキングです。

1位はふるさと納税の返礼品としてヘルメットが提供されているという話題、3位はヘルメットのシールドの曇り止め新製品です。曇り止めは、モーターサイクルショーレポートに加えて、単独でも10位にランクインしました。バイク用インカムやインカム組み込みヘルメットの記事がランクインしているのは『レスポンス』らしいですね。


1位) ふるさと納税でヘルメット、SHOEIが岩手県一関市で取り扱い開始:249 Pt.

SHOEIは、岩手工場の所在地である岩手県一関市のふるさと納税の返礼品として、同社ヘルメットの取扱いを開始した。
https://response.jp/article/2022/03/15/355206.html


2位) コスパ最強の仏製カーボンヘルメット「ASTONE GT-1000F」、新カラーで再登場…はとや:127 Pt.

オートバイ販売のはとやは、日本総代理となっている仏製ヘルメットブランド「ASTONE(アストン)」の新モデル「GT-1000F」と「GTB800」の販売を開始した。
https://response.jp/article/2022/07/25/360061.html


3位) ライダーの安全を確保するドラレコとシールドを展開するミツバサンコーワ…東京モーターサイクルショー2022:112 Pt.

2輪でもドラレコは自分の身を守る必須アイテムの1つであり、前後2カメラのバイク用ドラレコも進化している。新発想の首に掛けるタイプのドラレコも装備すれば鬼に金棒だ。簡単に交換できる防曇シールドなど、ミツバサンコーワのラインナップに目が離せない。
https://response.jp/article/2022/03/26/355612.html

4位) バイク用Bluetoothインカム「B+COM」、おひとり様専用のカジュアルモデル登場:112 Pt.

サインハウスは、バイク用Bluetoothインカム「B+COM」シリーズの新製品「B+COM PLAY」を7月23日より発売する。
https://response.jp/article/2022/06/23/358955.html

5位) 神の使い「カラス」を描いた限定グラフィック登場、ツーリングフルフェイス『GT-エアーII』…SHOEI:95 Pt.

SHOEIは、ツーリング向けフルフェイスヘルメット「GT-エアーII」にグラフィックモデル「UBIQUITY(ユビキティ)」を追加、10月末までの受注限定で8月(予定)に発売する。
https://response.jp/article/2022/05/20/357387.html

6位) ドゥカティ、ツーリング用ヘルメット発表…スマホとBluetooth接続可能:82 Pt.
https://response.jp/article/2022/02/03/353888.html

7位) ツーリングフルフェイス『GT-エアーII』に限定グラフィック「QUBIT」…SHOEI:70 Pt.
https://response.jp/article/2022/03/28/355673.html

8位) SHOEIグラムスター、招き猫グラフィックの限定コラボモデル登場:70 Pt.
https://response.jp/article/2022/06/22/358895.html

9位) SHOEI、スモールジェット「J・O キャブレター」に新色追加へ:45 Pt.
https://response.jp/article/2022/02/28/354700.html

10位) 純正互換のヘルメット曇り止めフィルム、ミツバサンコーワが取扱開始:39 Pt.
https://response.jp/article/2022/03/27/355637.html

《高木啓》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機と新明和工業、小型航空機の初期飛行試験に成功…499cc 2気筒エンジン搭載
  2. トヨタ ハリアーPHEV を新設定…システム最高出力306ps、EV走行距離93km
  3. メルセデスAMG「C63」新型、量産4気筒世界最強の2.0リットルエンジン搭載
  4. 【スズキ SV650X ABS 試乗】バイクに乗って自分を変えたい若者によく似合う…丸山浩PR
  5. 後席にもバケットシート装備!? BMWの本気セダン『M3 CS』の超過激なスペックとは
  6. ハイソカーの代名詞だった、マークII、チェイサー、クレスタ3兄弟【懐かしのカーカタログ】
  7. シトロエン ベルランゴが名車『2CV』に変身…フルゴネット欧州発表
  8. 最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か
  9. トヨタの世界生産計画、10万台減の80万台へ下方修正 10月
  10. 【週末ニュースランキング】スクープと名車とキャンピングカー
ランキングをもっと見る