電動トゥクトゥク、スマートな走りと確かな安定性で「日常の足」になる

アソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥク
アソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥク全 9 枚

8月6日、7日に幕張メッセで開催された「アソモビ2022 in Makuhari」は「アソビ×モビリティ」がテーマの祭典。その「モビリティ」部分として、電動バイクや電動キックボードといった小型の電動モビリティを展示、試乗できるブースも用意されていた。

その中でも特に家族連れの注目を集めていたのが、一時期話題を呼んでいた「電動トゥクトゥク」の試乗会だ。試乗会ではEVモビリティの販売を手掛けるEV-LANDの電動トゥクトゥク『ZINMA』(ジンマ)を体験できた。

アソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥクアソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥク

ZINMAはEV-LANDオリジナルの2022年新型モデル。3人まで乗ることができ、最高速度45km/h、航続距離は鉛バッテリーを使用したスタンダードモデルで90km、リン酸鉄リチウムバッテリーを使用したハイエンドモデルで120kmとなっている。

アソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥクアソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥクアソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥクアソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥク
アソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥクアソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥク

電動トゥクトゥクはバイクのような見た目をしているが、トライクなどと同じように3輪のため、ヘルメット不要で、普通免許で乗ることができる。また車庫証明は不要だし、車検も不要と、軽自動車や小型バイクのいいとこ取りをしたようなモビリティだ。1回のフル充電で約100円と、コストパフォーマンスにも優れている。

小型の電動バイクと違い車両が全体的に大きくドッシリとしているため安定感があり、3人乗ってもフラつく様子は一切なかった。むしろ電動モビリティ特有のスムーズな加減速で、会場内のコースをスイスイと走っていく。

個人的には外装のスマートさも目を引くが、ハンドル周り、特にインパネ部分がコクピットのようなデザインでカッコよく、ガジェット好きの人にも刺さるのではないだろうか。

アソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥクアソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥク

車体価格はスタンダードモデルが77万円(税込み)、ハイエンドモデルが104万円(税込み)。どちらのモデルもシルバー、ホワイト、マットブラックの3つのカラーバリエーションがある。

アソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥクアソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥクアソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥクアソモビの会場で注目を集めた電動トゥクトゥク

《二城利月》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機と新明和工業、小型航空機の初期飛行試験に成功…499cc 2気筒エンジン搭載
  2. トヨタ ハリアーPHEV を新設定…システム最高出力306ps、EV走行距離93km
  3. メルセデスAMG「C63」新型、量産4気筒世界最強の2.0リットルエンジン搭載
  4. 後席にもバケットシート装備!? BMWの本気セダン『M3 CS』の超過激なスペックとは
  5. 【スズキ SV650X ABS 試乗】バイクに乗って自分を変えたい若者によく似合う…丸山浩PR
  6. ハイソカーの代名詞だった、マークII、チェイサー、クレスタ3兄弟【懐かしのカーカタログ】
  7. 最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か
  8. シトロエン ベルランゴが名車『2CV』に変身…フルゴネット欧州発表
  9. トヨタの世界生産計画、10万台減の80万台へ下方修正 10月
  10. ケータハム『セブン』に2つの新型車、スズキ製ターボエンジン搭載車も…欧州発表
ランキングをもっと見る