フォード「カプリ」がBEVになって30年ぶり復活か? VWと共同開発、新型電動SUVの姿

「カプリ」の名が復活? フォード スポーツクロスオーバーのプロトタイプ(スクープ写真)
「カプリ」の名が復活? フォード スポーツクロスオーバーのプロトタイプ(スクープ写真)全 16 枚

フォードは2022年3月、名も無い新型モデルに「スポーツクロスオーバー」と名付け、ティザーイメージを公開したが、その市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。このモデルには30年ぶりの復活となる「カプリ」の名が冠される可能性があるという。

◆30年ぶり「カプリ」の名が復活か

現在VWとフォードは、プラットフォームを共有し、同じ工場で自動車を製造することを含む継続的な契約を結んでいる。それらのプラットフォームの1つは『ID.3』や『ID.4』などを支えるVWの電動車プラットフォーム「MEB」であり、これを用いたフォード向けのクロスオーバーを生み出す計画だ。VWとフォードの提携では、4台の乗用車と5台の商用車が含まれていることが分かっているが、今回捉えたプロトタイプは、VWグループのプラットフォームに基づいて製造される4台の乗用車のうちの1台と考えられている。

フォード スポーツクロスオーバー プロトタイプ(スクープ写真)フォード スポーツクロスオーバー プロトタイプ(スクープ写真)

捉えたプロトタイプの姿からは、VW『ID.4』やフォード『マスタング・マッハE』より大きく、今年2月に捉えたミドルサイズクロスオーバーのプロトタイプよりもさらに大型のクロスオーバーSUVである様子がうかがえる。VWでいえば『ID.6』に近いサイズのBEVとなるということだ。

そしてその車名には「カプリ」が浮上しているという。フォード カプリは1961年に登場した2ドアスポーツカーで、クーペの後には最終モデルとしてコンバーチブルが発売され、1989年から1994年まで製造された。もし「カプリ」の名が与えられれば、実に30年ぶりの復活となる。

◆VW『ID.5』と密接な関係が

プロトタイプのカモフラージュはボディ全体を覆っているが、クーペ風の傾斜したルーフ、角ばったテールゲートなど大まかなデザインがわかるほか、フロントエンドでは、オリジナルのカプリを彷彿させる4つの丸形ライトユニットを装備。それを囲む丸みを帯びたLEDデイタイムランニングライトも見てとれる。

またリアウィンドウ、Cピラー、一体型スポイラーと水平に取り付けられたテールライトクラスターなどからもオリジナルカプリへのオマージュが感じられるものとなっている。

フォード スポーツクロスオーバー プロトタイプ(スクープ写真)フォード スポーツクロスオーバー プロトタイプ(スクープ写真)

この新型スポーツクロスオーバーは、フォード『エクスプローラーEV』がVW ID.4の兄弟であるのと同様に、『ID.5』と密接な関係にある。MEBを採用し、シングルまたはデュアルモーターと2つのバッテリー容量(58kWhまたは77kWh)のいずれかを選択できる可能性が高い。

まだ名も無い新型スポーツクロスオーバーは2024年以内のデビューが予想されており、フォードのケルン工場で生産予定となっている。果たして「カプリ」の名は復活するのか、注目だ。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
  2. これが次期型BMW『X3』だ! 発表は今秋? 最終デザインを大予想
  3. [15秒でわかる]トヨタ『カローラクロス』改良新型…都会的で引き締まった顔つきに
  4. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  5. 【VW Tクロス カッパースタイル 新型試乗】細かいことに目くじらを立ててはいけない…島崎七生人
  6. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  7. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
  8. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  9. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  10. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
ランキングをもっと見る