アキュラのスポーツセダン、顔が変わった…『TLX』改良新型を米国発売

アキュラ TLX 改良新型
アキュラ TLX 改良新型全 10 枚

ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラは11月27日、スポーツセダン『TLX』(Acura TLX)の改良新型を米国市場で発売した。現地ベース価格は、4万5000ドル(約665万円)と発表されている。

アキュラ TLX 改良新型アキュラ TLX 改良新型

現行TLXは2世代目で、2020年に米国で発表された。米国市場では、レクサス『IS』などと競合する小型スポーツセダンになる今回、デビューから3年が経過し、内外装をリニューアルした改良新型が登場している。

改良新型では、アキュラの「ダイヤモンド・ペンタゴン・グリル」のフレームレスバージョンを新採用し、表情を一新した。4つのLEDヘッドライト「JewelEye」と LEDデイタイムランニングライト「Chicane」を組み合わせる。よりアグレッシブな外観を演出するために、ダイヤモンドパターンのメッシュグリルと切削加工仕上げの19インチアルミホイールも標準装備した。

アキュラ TLX 改良新型アキュラ TLX 改良新型

改良新型には、スポーティな「Aスペック」を設定する。ブラックアウトされたエクステリアと「A-Spec」エンブレムに加えて、新形状のスプリットスポークの19インチシャークグレーホイール、大型のデュアルラウンドエキゾーストフィニッシャー、グロスブラックリアスポイラーを装備した。トルクベクタリング機能付きの「スーパー・ハンドリング・オール・ホイール・ドライブ(SH-AWD)」を標準装備する。パワートレインには、ダウンサイズの2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載した。最大出力は272hp/6500rpm、最大トルクは38.7kgm/1600~4500rpmを発生する。トランスミッションは、10速ATを組み合わせた。

改良新型のインテリアでは、12.3インチのセンタースクリーンが採用された。ワイヤレスのApple「CarPlay」とグーグル「Android Auto」、ワイヤレスのスマートフォン充電パッド、アマゾン(Amazon)の音声アシスト「アレクサ(Alexa)」も標準装備した。また、後席乗員のために、センターコンソール後部にUSB-C充電ポートを2つ追加している。12.3インチのデジタルコックピット「アキュラ・プレシジョン・コックピット」を用意した。このメータークラスターは、アドバンスド、クラフテッドという2種類のメーターレイアウトとギアポジション表示に加えて、先進運転支援システムの「AcuraWatch」の設定や車両情報など、ユーザーが選択可能な機能を含むマルチインフォメーションディスプレイが付く、としている。

アキュラ TLX 改良新型アキュラ TLX 改良新型

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 4連スロットルはなぜ偉い? NAチューンの極みがもたらす鋭利なエンジン性能~カスタムHOW TO~
  2. 「大人の秘密基地」バグトラックパネルバンが首位獲得…キャンピングカーランキング 2月
  3. 3月発売の新型コンパクトSUV、ホンダ『WR-V』で車中泊はできる…? 最大クラスの荷室で4人キャンプも快適に
  4. ヤマハ「パフォーマンスダンパー」が累計300万本、トヨタやホンダ車にも採用
  5. BMW R1250GSアドベンチャー、日本限定の特別仕様車発売
  6. ホンダ『グロム』のレース車両、HRCが手掛ける胸躍る走り…東京オートサロン2024
  7. マッスルスポーツ『チャージャー』新型が3月5日デビューへ…ダッジが予告
  8. ランチア・ラリーの復刻&進化:キメラ『EVO38』がジュネーブモーターショー2024に登場
  9. STIの調律、走りに愉しさと悦びを…東京オートサロン2024
  10. ポルシェ『タイカン』、「史上最もダイナミック」な新グレード発表へ…3月11日
ランキングをもっと見る