ホンダ、デンソー製燃料ポンプ不具合で5度目のリコール…N-BOXなど113万台

ホンダ N-BOX/N-BOXカスタム(2018年)
ホンダ N-BOX/N-BOXカスタム(2018年)全 12 枚

ホンダは12月8日、軽自動車『N-BOX』など25車種113万台について、燃料ポンプ不具合でエンストのおそれがあるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。

改善箇所改善箇所

対象となるのは『N-BOX』『N-BOXカスタム』『N-BOX+』『N-BOX+カスタム』『N-BOXスラッシュ』『N-WGN』『N-WGNカスタム』『N-ONE』『N-VAN』『S660』『CR-V』『アコード』『ヴェゼル』『オデッセイ』『クラリティ』『グレイス』『ジェイド』『シビック』『シャトル』『ステップワゴン』『フィット』『フリード』『フリード+』『レジェンド』の23車種で、2017年6月20日~2020年9月21日に製造された113万8046台。

不具合の要因となっているのはデンソー製低圧燃料ポンプ。インペラ(樹脂製羽根車)が変形することがあり、燃料ポンプの作動不良で走行中にエンストする場合があるという。

対象車種対象車種

ホンダは同様の理由で2020年5月に4車種1万2000台、2021年3月に5車種2万6000台、2022年6月に8種車21万9000台、2023年6月に10車種30万台、同年10月には交換修理用部品として出荷したが、車両が特定できないもの3400個をリコール。検証を進めた結果、対象拡大の必要性が判明したため、5度目のリコールを届け出た。不具合は394件発生している。

改善措置として、全車両、低圧燃料ポンプを対策品と交換する。

対象車種対象車種

デンソー製低圧燃料ポンプについては、トヨタ、ダイハツ、マツダ、スバルも国内外で大規模なリコールを届け出ており、問題が長期化している。

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. もしも『カムリワゴン』が復活したら…? ワゴン不足の日本に朗報、となるか
  2. BMW X2 新型の最強「M」、317馬力ターボ搭載…新写真を公開
  3. インフィニティの最上位SUV『QX80』新型、プロトタイプの写真…実車はニューヨークモーターショー2024で発表へ
  4. 革新的な蓄電池型超急速EV充電器「Hypercharger Pro」登場
  5. ヒョンデ『ソナタ』新型、セダンの新基準を標榜…予約販売を中国で開始
  6. 【マセラティ グレカーレ トロフェオ 新型試乗】このエンジンこそ、100%マセラティオリジナルの所以…中村孝仁
  7. 燃料電池車にも「かっこいい」を、生まれ変わったホンダ『CR-V e:FCEV』デザインのねらいとは
  8. メルセデスベンツの超高級車ブランド「ミトス」、最初の市販車は2025年発表へ
  9. 日本にない…トヨタ『ヤリス』改良新型に「GR SPORT」を欧州で設定
  10. メルセデスAMG G63、ブラックペイントにゴールドアクセントの限定車を発売…価格は3200万円
ランキングをもっと見る