ホンダが新型FCEVの量産モデルを世界初公開へ…スマートエネルギーウィーク春 2024

ホンダCR-V現行(北米仕様)
ホンダCR-V現行(北米仕様)全 5 枚

ホンダは、2月28日から3月1日まで東京ビッグサイトで開催される「第21回SMART ENERGY WEEK【春】」(スマートエネルギーウィーク春 2024)に出展する。2月15日概要を発表した。

Honda eMaaS コンセプトHonda eMaaS コンセプト

H2&FC EXPO[春]2024~第21回[国際]水素・燃料電池展[春]~……ホンダ燃料電池モジュール事業の4つのコアドメインでの活用や最新の取り組み事例を紹介するとともに、今年発売を予定している新型燃料電池自動車(FCEV)の量産モデルを世界初公開する。

新型FCEVは、北米で販売しているSUV『CR-V』をベースに、GMとの共同開発による燃料電池システムを搭載している。短い燃料充填時間で長距離を走行できるFCEVの特長に加え、プラグイン機能により、家庭での充電も可能だ。

作業用ROVコンセプトモデル作業用ROVコンセプトモデル

SMART GRID EXPO春~第15回[国際]スマートグリッド展~……着脱式可搬バッテリー「Honda Mobile Power Pack e:(モバイルパワーパックイー)」の活用事例を展示する。

「WIND EXPO[春]2024~第13回[国際]風力発電展[春]~……洋上風力発電のメンテナンスなど水中作業に活用可能な遠隔操作型の無人潜水機「作業用ROV(Remotely operated vehicle)コンセプトモデル」を世界初公開。

Honda燃料電池モジュール プロトタイプHonda燃料電池モジュール プロトタイプ

ホンダは、2050年に全ての製品と企業活動を通じてカーボンニュートラルを実現する目標を掲げている。そのために、「カーボンニュートラル」「クリーンエネルギー」「リソースサーキュレーション」の3つを柱に、製品だけでなく、企業活動全体の環境負荷をゼロにする取り組みを進めている。

その中で注目されるのは、電動モビリティとエネルギーサービスを組み合わせた「Honda eMaaS」コンセプトだ。これは、「自由な移動の提供」と「再生可能エネルギーの利用拡大」に貢献することを目的としており、モバイルパワーパックの活用、車載大容量バッテリー、FCシステムの応用と展開を3つの主要テーマとしている。

水素事業の4つのコア水素事業の4つのコア

スマートエネルギーウィークでの出展では、これらのテーマに沿った取り組みが紹介される。洋上風力発電メンテナンスに貢献する作業用ROV(遠隔操作無人潜水機)の展示や、モバイルパワーパック、FCシステムに関連する技術が披露される。

スマートエネルギーウィークは、クリーンエネルギーの最新技術やサービスが集まる場であり、多くの企業や研究機関が参加する。WIND EXPO[春]2024~第13回[国際]風力発電展[春]~、H2&FC EXPO[春]2024~第21回[国際]水素・燃料電池展[春]~、SMART GRID EXPO春~第15回[国際]スマートグリッド展~など、複数の展示会で構成される。主催はRX Japan。

《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ランクル人気で『サファリ』復活説も浮上? 日産『パトロール』次期型はどうなる
  2. トヨタ『スターレット』復活! 2026年デビューか?
  3. 走行距離10万kmは通過点! 42.195万kmをめざせ
  4. アントレックスが折りたたみ電動スクーター『MK114』発売へ、軽自動車にも積載可能
  5. 40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
  6. スポーティだけど“eバイク”じゃない!? ヤマハの新型『PAS CRAIG』に乗ってわかったブレない"ちょうど良さ"
  7. その差は歴然!? 見た目は同じでもカロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912 ll → lll の進化は凄かった
  8. ランクル250の原点、初代『ランドクルーザー・プラド』が見せた「90’sのモダーン」【懐かしのカーカタログ】
  9. 「2024年問題」に三菱ふそうと警察庁が動いた…新聞ウォッチ土曜エディション
  10. 取り付けは約10秒、カーメイトが「ワイドリアビューミラー」発売…ジムニー、ランクル、ヤリスなどの純正ミラーに装着
ランキングをもっと見る