20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024

ノスタルジック2デイズ 2024
ノスタルジック2デイズ 2024全 7 枚

2月17日と18日、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催されたノスタルジック2デイズ(N2D)。会場の一角では20年ぶりにかつての愛車と再会し、現オーナーとの旧交を温めるシーンがあった。

ノスタルジック2デイズ 2024ノスタルジック2デイズ 2024

イベントの目玉企画のひとつ「選ばれし10台」は一般公募で選出されたオーナー車を展示するというもので、走行入場&オーナーインタビューが行われた。1972年式のトヨタクラウン』もその中の1台だった。

オーナーの石川敦美さん(68)は茨城県土浦市の旧車クラブ「バックヤードつくば」の会長で、スバル『360』やプジョー『406クーペ』などを長年ノーマル状態で乗り続けている、生粋のクルマ好き。今回クラウンでエントリーしたのは「2004年に手に入れてちょうど20年経ったことと、高校生当時大ファンであった岡崎友紀さんがゲストと知ったからでした」。

ノスタルジック2デイズ 2024ノスタルジック2デイズ 2024

ステージではクラウンのアピールポイントなどのインタビューを受け、前オーナーだったという京都在住の大江紀美子さん(78)からのサプライズ花束贈呈に、会場から拍手が起きた。

大江さんによれば、クラウンは新車で購入後、家族で32年間乗り続けたという思い出が詰まったクルマ。時を経るごとに少しずつ不具合が生じ始めた頃、ぜひ譲ってほしいと名乗りを上げたのが石川さんだった。「この人だったらクラウンも幸せになれる」と、大江さんは安心してキャリアカーに積まれたクラウンを見送ったという。2004年のことだった。

ノスタルジック2デイズ 2024ノスタルジック2デイズ 2024

それから20年。石川さんからN2Dに出展すると連絡があり、大江さんは子供さんともども横浜まで足を運ぶことに。花束贈呈後は昔話に花が咲いた。

「クラウンは私と家族の歴史でもあり、見送る時は涙が出ましたが今こうして変わらない姿を見て幸せです。エンジンかけた時に体に伝わる振動は忘れません。今日は当時を懐かしむことができました。感謝の気持ちでいっぱいです。病気療養中で来られなかった主人にも良い報告ができると思います」と感激しきりの大江さん。「子供の頃、急ブレーキで後ろのシートからつんのめってコンソールボックスに額を打ち、しばらく傷になっていたことも今となってはいい想い出」と、壮年となった息子さんも懐かしんだ。

ノスタルジック2デイズ 2024ノスタルジック2デイズ 2024

石川さんが引き継いだこのクラウンは、時折こうした各地の旧車イベント等にも姿を現し、関東では知る人ぞ知る個体となっている。「ハードトップ2600スーパーサルーン」という最上グレードで、そのルックスから、後にクジラと呼ばれる4代目。当時としては大柄な2ドアハードトップボディは今見ても斬新だ。前期型特有のカラードバンパーや独立したテールランプも、それなりの世代には懐かしい。

「走行距離は現在約22万km。エンジンを一度オーバーホールしたくらいで、ほぼオリジナルコンディションです。大江さん一家が喜んでくれて私も嬉しいです」と石川さんもにこやか。クラウンが紡いだ年月は半世紀を超えたが、まだまだ走り続けていきそうな気配であった。

ノスタルジック2デイズ 2024ノスタルジック2デイズ 2024

《嶽宮 三郎》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スポーティだけど“eバイク”じゃない!? ヤマハの新型『PAS CRAIG』に乗ってわかったブレない"ちょうど良さ"
  2. 走行距離10万kmは通過点! 42.195万kmをめざせ
  3. その差は歴然!? 見た目は同じでもカロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912 ll → lll の進化は凄かった
  4. ランクル人気で『サファリ』復活説も浮上? 日産『パトロール』次期型はどうなる
  5. トヨタ『スターレット』復活! 2026年デビューか?
  6. 発表直後の『XSR900 GP』に長蛇の列も、赤レンガにヤマハ車ずらり 新規ファン創出へ魅力アピール
  7. アントレックスが折りたたみ電動スクーター『MK114』発売へ、軽自動車にも積載可能
  8. 40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
  9. 「2024年問題」に三菱ふそうと警察庁が動いた…新聞ウォッチ土曜エディション
  10. 取り付けは約10秒、カーメイトが「ワイドリアビューミラー」発売…ジムニー、ランクル、ヤリスなどの純正ミラーに装着
ランキングをもっと見る