これが『MR2』後継モデル!? トヨタ最後のICEスポーツカーは『GRスープラ』以上の高額に?

トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
トヨタ MR2 後継モデルの予想CG全 5 枚

トヨタが、日本初の量産ミッドシップスポーツ『MR2』の復活を計画しているという噂が、まことしやかに囁かれている。一体どのようなモデルとなるのか。その姿を予想する。

1984年に誕生したMR2は、1989年に第2世代へバトンタッチするも、1999年にオープンスポーツの『MR-S』に後継の座を譲る形で生産終了となった。復活を望むファンの声も度々上がる中、20年以上を経た2021年、後継モデルのプロジェクトが動き出したという情報をキャッチしていた。2024現在、本格的な開発が進められている可能性が高いとスクープ班は踏んでいる。

歴代MR2はトランクが別に備わるデュアルデッキスタイルだったが、スクープ班が入手した情報によると、次期型はシングルデッキのクーペスタイルを採用する可能性高いことがわかった。画像のCGは、そうした情報をもとに予想したものだ。

トヨタ MR2 後継モデルの予想CGトヨタ MR2 後継モデルの予想CG

ボディサイズは現代モデルらしく大型化されるはずだ。次期型では、全長4350mm、全幅1800mm、全高1230mm、ホイールベース2580mmと、現行『GR 86』と比べても全高以外は一回り程度ロング&ワイド化されるだろう。ボディは拡大するものの、車重は先代の1270kg程度をキープする方向で開発が進められているようだ。

パワートレインは、『GRカローラ』から流用される1.6リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載。最高出力は先代の245psから、310ps程度まで向上、6速MT、または8速ATと組み合わされるという。トヨタは現在『セリカ』後継モデルも開発中と噂されるが、こちらは電動化も予想されており、次期型MR2はトヨタ最後のガソリンエンジン搭載スポーツカーとなるかもしれない。

となればデビュー時期はそう遠くないはずだ。2025年の終わり頃から2026年にかけてのデビューが予想されている。価格は800万円から1000万円と、『GRスープラ』の上を行くスペシャリティあふれるモデルとなりそうだ。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ CX-60 新型試乗】あえての辛口評価も、ポテンシャルあればこそ…中村孝仁
  2. カスタムの要! 1ピース vs 2ピース、ホイールの構造を徹底解説~カスタムHOW TO~
  3. ホンダ『S2000』後継モデルはEV? それともミッドシップのHVに!? 最新予想
  4. ドゥカティ、アイルトン・セナを称える『モンスター』発表…世界限定341台
  5. マツダの新型SUV『CX-70』、ターボ+ハイブリッド搭載…メキシコ市場に導入へ
  6. スズキ『ジムニー 5ドア』に500台限定の「ヘリテージ」仕様…オーストラリアで発表
  7. メルセデスAMG GT 新型、421馬力の電動ターボ「43」が入門モデル…欧州受注開始
  8. クラファンでは4日で完売…ソフト99がホイール洗浄用ブラシ「奥洗王〈おくあらおう〉」を一般販売開始
  9. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型試乗】「いいセダンこそいいクルマ」を再認識…島崎七生人
  10. ホンダ『シビック』デザインのTシャツ発売…歴代を着る
ランキングをもっと見る