アバルト『クラシケ1300 OT』、5台限定で生産へ…アルファロメオ 4C ベース

アバルト・クラシケ 1300 OT
アバルト・クラシケ 1300 OT全 6 枚

アバルトは4月12日、ブランド誕生75周年を記念して、スポーツカーのアバルトクラシケ1300 OT』を5台限定で生産すると発表した。レンダリングイメージを公開している。

アバルト・クラシケ 1300 OTアバルト・クラシケ 1300 OT

クラシケ1300 OTは、半世紀前にレースで成功を収めたアイコニックなクルマへのオマージュとして、アバルトが属するステランティスのヘリテージ部門がデザインする。ヘリテージ部門の「リローデッド・バイ・クリエーターズ」プロジェクトの一環として、1960年代を代表する名車を現代的に再解釈し、エンスージアストに向けて販売する計画だ。

1965年に登場したフィアット・アバルト『OT1300』は、フィアット『850』のフロアパンと足回りを流用して開発されたGTで、卓越した敏捷性とパワーでサーキットで成功を収めている。

アバルト・クラシケ 1300 OTアバルト・クラシケ 1300 OT

軽量でエアロダイナミックなグラスファイバー製ボディと、キャビンを冷却するために後方に取り付けられた「ペリスコープ」が特徴のアバルトOT1300は、レーシングカーにおけるアバルトの革新の象徴になったという(ペリスコープは1966年のシリーズ2から)。

なお車体の「OT」は“Omologato Turismo”の略称であり、ツーリングカーのホモロゲートモデルを意味する。ところがアバルトOT1300はGTカテゴリーだ。これは、OT1300の前に、同じフィアット850をベースにしたOT850があったことから、“850ファミリー”を意識したものと思われる。

アバルト・クラシケ 1300 OTアバルト・クラシケ 1300 OT

スタイル、パフォーマンス、歴史を融合させた新しいアバルト・クラシケ1300 OTは、アルファロメオ『4C』をベースに開発される。カーボンファイバー製ボディをはじめ、冷却用のスリット入りプレキシガラス製リアウィンドウ、「Abarth」のレタリングが施されたエンジンコンパートメント用の大型リアグリルが、歴史的デザインとの絆を強調している。フロントエンドはしなやかなカーブを描き、往年のアバルトのスポーツカーを彷彿とさせるという。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. クラファンでは4日で完売…ソフト99がホイール洗浄用ブラシ「奥洗王〈おくあらおう〉」を一般販売開始
  2. 【マツダ CX-60 新型試乗】あえての辛口評価も、ポテンシャルあればこそ…中村孝仁
  3. ドゥカティ、アイルトン・セナを称える『モンスター』発表…世界限定341台
  4. 『セリカ』はGRで登場か? エンジンは?---トヨタの名車復活計画
  5. 引退した東京メトロ『03系』ふたたび! 能登半島地震復興支援チャリティ撮影会ツアー
  6. マツダの新型SUV『CX-70』、ターボ+ハイブリッド搭載…メキシコ市場に導入へ
  7. ポルシェ『マカン』新型、EVを生産開始…航続591km
  8. 【ホンダ フリード 新型】「開発者もターゲット層」だからこそ実現できた3列目シートと車内空間
  9. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型試乗】「いいセダンこそいいクルマ」を再認識…島崎七生人
  10. スズキ『ジムニー 5ドア』に500台限定の「ヘリテージ」仕様…オーストラリアで発表
ランキングをもっと見る