EV版メルセデスベンツ『Cクラス』を激写! 室内には巨大なデジタルディスプレイが

メルセデスベンツ CクラスEV(仮)市販型プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスベンツ CクラスEV(仮)市販型プロトタイプ(スクープ写真)全 16 枚

近い将来、メルセデスベンツの屋台骨『Cクラス』に取って代わる次世代EVの姿をスクープ!さらにそのインテリアも激写することに成功した。

現在メルセデスベンツは、エントリーモデルの『CLA』を含めエレクトリックモデル=EVラインアップの拡充に向け開発を急ぐ。そしてついに、中核モデルであるCクラスもEV時代に突入する。

今回キャッチしたプロトタイプは、まだまだ厳重にディテールを隠しているものの、兄貴分である『EQE』や『EQS』に倣った流線型のシルエットはくっきりと見える。ボンネットはICE(エンジン車)と比べると短く、反対にホイールベースはかなり長い。

メルセデスベンツ CクラスEV(仮)市販型プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ CクラスEV(仮)市販型プロトタイプ(スクープ写真)

フロントエンドは、フェイスリフト前のテスラ『モデル3』を彷彿させる、吊り上がったヘッドライトのアウトラインが確認できる。フロントグリル部分はかなり前に迫り出しており、中央にはブラックのパーツが埋め込まれている。センサー類のテストだろうか、レーダーの一部も確認できる。ボンネットにはスポーツカーのようなエアアウトレットの造形も見えるが、これはカモフラージュか。

側面からは、パノラマガラスパネルを備えた長く傾斜したルーフ、フラッシュマウントドアハンドルが見てとれる。リアエンドでは、コンパクトな一体型ダックテールスポイラーや小さめのリアウィンドウを装えていることもわかる。

キャビン内には、ほぼ垂直のスクリーンが大半を占めるダッシュボードが存在することがわかった。ディスプレイがコックピットの幅全体に広がっているようにも見える。EQEよりも上のクラスに採用されている「MBUXハイパースクリーン」の廉価版として、イメージを共通化するものとみられる。

メルセデスベンツ CクラスEV(仮)市販型プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ CクラスEV(仮)市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ほかにも、3本スポークのステアリングホイール、スリムなエアベント、室内カメラがあることも確認。物理的なボタンをほとんど排除した、ミニマリストなデザインと言える。

この次世代EVは、CLAが採用するメルセデス・モジュラー・アーキテクチャー(MMA)ではなく、EV専用の「MB.EA」プラットフォームを採用する。これはこのモデルがより高度なものになることを示唆しており、最先端のバッテリーシステムを搭載し、1回の充電で300マイル(480km)以上の航続距離を実現することとなるだろう。

CクラスEV(仮)のワールドプレミアは、最速で2024年内。メルセデスベンツは電動ブランド「EQ」の名前を廃止すると噂されており、Cクラスの名が残る可能性もある。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売
  2. シトロエン『C3エアクロス』新型、3列シートの7名乗りが初登場…欧州受注開始
  3. 40系『ヴェルファイア』をスポーティに演出! BLITZオリジナルエアロキット・3アイテムが新登場
  4. 三菱デリカ『D:6』準備中、D:5が19年ぶりにフルモデルチェンジ
  5. ヤマハのスクーター『NMAX』に「ターボ」登場!? 新型のキモは新技術の「電子制御CVT」
  6. アウディ『RS 3』新型がニュルブルクリンクで新記録…実車は8月デビューへ
  7. 三菱『デリカD:5』ついにフルモデルチェンジへ! 車名は「D:6」!? 2025年内発表か
  8. [15秒でわかる]トヨタ『カローラ・ハッチバック』米国2025年型…引き締まった外観で登場
  9. パーツの豊富さが決め手! カスタマイズに最適な『中古車』とは?~カスタムHOW TO~
  10. 史上最短で終了したニュル24時間耐久レースに雪辱を誓う──トーヨータイヤ「PROXES Slicks」が描いた頂点への道PR
ランキングをもっと見る