ピアッジオが創立140周年、記念してペスパの特別仕様を発売---140台限定

ベスパ140th of Piaggio
ベスパ140th of Piaggio全 2 枚

イタリアの二輪車・自動車メーカー、ピアッジオが2024年に創立140周年を迎え、その記念として、傘下のベスパが特別仕様のスクーター『ベスパ 140th of Piaggio』を発売する。この限定モデルは140台のみの生産で、4月18日から21日までの4日間限定で販売される。

ベスパ140th of Piaggioベスパ140th of Piaggio

記念仕様は、ピアッジオの本社があるポンテデラで開催される「ベスパワールドデイズ2024」に合わせて販売される。イベントには66カ国のベスパクラブが集まり、数千人のベスパ愛好家が参加する予定の世界的な集会だ。記念仕様の購入はオンライン(VESPA.COM)またはイベント会場内のベスパビレッジで可能。

ベスパ 140th of Piaggioは「ベスパGtv」をベースにデザインされ、クラシックなスタイルとモダンな要素が融合したモデルだ。特徴的な低い位置のヘッドライトや露出したハンドルバーに、スポーティな仕上げとハイテク装備が加わっている。白いボディには、ピアッジオのブルーとスカイブルーのグラフィックが施され、ベスパのモノグラムと140周年を記念するロゴが目をひく。

青いシートは、独特のシングルシートルックを特徴とし、快適な座り心地を提供する。また、ホイールもこのモデル専用のデザインで、ブルーとスカイブルーのインサートが施されている。各モデルには、140周年のロゴが入った記念のナンバープレートが付けられる。

エンジンは、ベスパで最もパワフルな300 hpe(High Performance Engine)を搭載し、フルLEDのライトやデジタル計器盤システムなど最新の技術が盛り込まれている。キーレスシステム、トラクションコントロール、ABSなどの安全機能も標準装備だ。

さらに、高品質のレザー製大型リアバッグや、前後のキャリア、大型ウインドシールド、ボディ保護バーなど、スタイリッシュなアクセサリーも用意されている。

ピアッジオは1884年、リナルド・ピアッジオが自身の会社ピアッジオ&Cを設立し、船舶艤装を事業の中核に据え他のが始まりだ。ジェノヴァ近郊のセストリ・ポネンテを本拠地とするこの会社は、当時として近代的で効率的、高度に機械化されたものであったという。

《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. マツダの新型SUV『CX-70』、ターボ+ハイブリッド搭載…メキシコ市場に導入へ
  2. あの“ランチア・デルタ”がジムニーに?! ダムド『リトル・デルタ』の超意外なかっこよさに一目惚れPR
  3. ドゥカティ、アイルトン・セナを称える『モンスター』発表…世界限定341台
  4. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型試乗】「いいセダンこそいいクルマ」を再認識…島崎七生人
  5. いすゞとカミンズ、新型6.7リットルエンジン発表…『フォワード』に搭載
  6. カスタムの要! 1ピース vs 2ピース、ホイールの構造を徹底解説~カスタムHOW TO~
  7. アウディ A3 改良新型、1.0リットルエンジン搭載の入門グレード登場…欧州仕様
  8. ピニンファリーナとモーガン、オープンスポーツ『ミッドサマー』発表…50台限定
  9. スズキ『ジムニー 5ドア』に500台限定の「ヘリテージ」仕様…オーストラリアで発表
  10. 【ランドクルーザー250 vs ラングラー】スペック比較…新型オフローダーの性格の違いが明らかに
ランキングをもっと見る