一気に200馬力以上のパワーアップ!? アウディのスーパーワゴン『RS4アバント』後継モデルは電動化で進化する

アウディ RS5 アバントの予想CG
アウディ RS5 アバントの予想CG全 14 枚

アウディは現在、人気ワゴン『A4アバント』後継モデルとなる『A5アバント』を開発中だ。その頂点に君臨するハイパフォーマンスワゴン『RS5アバント』も同時に開発が進められていることはすでにスクープ班がキャッチしていたが、今回はその最終デザインとスペックにせまる。

すでに報じられている通りだがアウディは今後、車名の命名方法を変えていく。今一度説明すると、ICE(内燃機関)搭載モデルには奇数番号が付けられ、電気自動車=BEVには偶数番号が付けられる。つまりこれまでの主力ラインであった『A4』はBEVに与えられる車名となり、従来のA4は『A5』に統合される形になる。そしてセダンがなくなり「クーペ」、「カブリオレ」、「スポーツバック」のラインナップにワゴンの「アバント」が加わる。これにより、ハイパフォーマンスワゴン「RS4アバント」は「RS5アバント」として生まれ変わるのだ。

海外自動車メディア「KOLESA RU」の協力によって作成した予想CGは、プロトタイプと最新情報をベースに描かれたものだ。フロントノーズは現行A4よりわずかに低く、トレッドがワイド化されている。またボンネットフードをコンパクトに、大きなグリルと、アグレッシブなコーナーエアインテークを備えたバンパーを装備している。

アウディ RS5 アバントの予想CGアウディ RS5 アバントの予想CG

またフロントフェンダー後部にエアアウトレットを配置、分厚いサイドスカートも装着する。後部では、ライトバーで接続されたワイドなLEDテールライト、ディフューザーを備えたリアバンパー、そして「RS」モデルのアイコンともいえる楕円形のデュアルエキゾーストパイプを見ることもできる。

最大の目玉はそのパワートレインだろう。現行型RS4の2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジンを継承するとみられるが、電気モーターとバッテリーを組み合わせたプラグインハイブリッドに進化する。最新のRS4では最高出力444psだが、RS5アバントでは、同じくプラグインハイブリッドのメルセデス『AMG C63』の671psに匹敵する可能性があるという。これが事実なら一気に200ps以上のパワーアップとなる。

新生RS5アバントのワールドプレミアは、2025年初頭と予想される。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ『カローラハッチバック』2025年型…新設定の「ナイトシェード」はスポーティ&スタイリッシュ[詳細画像]
  2. BMW『2シリーズクーペ』改良新型…内装を刷新、欧州発表
  3. 伝説のYZRが蘇る、ヤマハ『XSR900 GP』最新カスタムプロジェクトを公開
  4. スーパーワゴンが14年ぶりに復活! BMW『M5ツーリング』最終デザインを大予想
  5. トヨタ系販社11社での修理費過大請求、1年半で計1万6184件に[新聞ウォッチ]
  6. BMW M5 新型、間もなくデビューへ…ティザー写真を公開
  7. [15秒でわかる]ドゥカティ『RR24I』…週末世界をイメージしたデザイン
  8. デジタルミラー・ドラレコ・車載カメラの熱対策に、新発想の折りたたみ傘式サンシェード「CarUB V3」が登場
  9. ポルシェ初のハイブリッド、『911カレラGTS』改良新型…ルマン勝利から得た技術を活用
  10. 軽井沢プリンスホテルに新アトラクション、ネクストクルーザーEV導入
ランキングをもっと見る