ランクル人気で『サファリ』復活説も浮上? 日産『パトロール』次期型はどうなる

日産 パトロール 次期型の予想CG
日産 パトロール 次期型の予想CG全 8 枚

日産は、2024年3月25日に発表された中期経営計画「The Arc」において、2024年度から2026年度にかけ、約3年間で30車種の新型モデルを投入すると説明したが、その中に本格クロカンSUV『パトロール/アルマーダ』がある。

初代パトロールは、1951年に登場。日本市場では『サファリ』の名称で1980年から2007年まで販売されていた。6代目となる現行「Y62型」系は2010年に発売され、主にUAEなどの中東市場や、アフリカで販売されている。現在開発が進められていると思われる次期型パトロール/アルマーダだが、果たしてその姿とは。

日産 パトロール 次期型の予想CG日産 パトロール 次期型の予想CG

次期型では、大型ラダーフレームシャシーを採用、現行モデルのスクエアで力強いクロカンスタイルはそのままに、レンジローバーのようなさらなる高級感をまとったスタイルとなることが予想される。海外メディア「KOLESA RU」の協力により制作した予想CGでは、現行型のアイコンでもあるコの字型LEDを上下二段とすることで、トレンドを取り入れつつ未来感を演出したフェイスとなっている。リアは左右を繋いだLEDストリップライトが、洗練度を増したボディを強調するかのようだ。

パワートレインは、V型8気筒を廃止する。兄弟モデルとなるインフィニティ『QX80』が搭載する3.5リットルV型6気筒DOHCツインターボエンジンを採用し、最高出力450psを発揮、V8より加速性、など動力パフォーマンスが向上するとみられている。

日産 パトロール 次期型の予想CG日産 パトロール 次期型の予想CG

一方で電動化も気になるところだが、とりあえず非ハイブリッドのガソリンモデルのみを提供するようだ。今後「e-POWER」などの搭載はあるか、注目だ。

日本への導入計画などは発表されていないが、トヨタ『ランドクルーザー』の人気を見れば日産が『サファリ』復活を検討していてもおかしくはない。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMW 3シリーズ、内装を中心にアップデート…改良モデルを欧州発表
  2. AC『コブラ』復活、663馬力V8スーパーチャージャー搭載…新写真と映像を公開
  3. アルパインが音が降り注ぐ車種専用スピーカーキット「メティオサウンド」の『デリカD:5』、『セレナ』など6モデル・11車種向け対応製品を発表
  4. タイヤ選びの新常識!? 適正リム幅 vs 引っ張りタイヤはどちらが正解なのか?~カスタムHOW TO~
  5. トヨタ、スバル、マツダ首脳が揃って次世代エンジン開発を宣言「電動化時代に最適なエンジンを」その内容とは
  6. 怪物エンジンをさらに強化…HKSがトヨタG16E-GTSエンジン用排気量アップキットを発売
  7. アルパインが11型大画面カーナビ「パーフェクトフィットビッグX11」・音が降り注ぐ「メティオサウンド」「OPTMサウンドシステム」など『ハイエース』専用4製品を発表
  8. アウディRS4アバント、470馬力に強化…25周年記念モデルは限定250台生産
  9. BMW M3 セダン、「コンペティション」は530馬力に強化…欧州で改良
  10. 「カムリ」がなくても日本にはレクサス『ES』がある!次期型はブランド初のEVセダンに
ランキングをもっと見る