4モーター仕様は1025馬力、EV『R1』シリーズに改良新型…米リビアンが発表

リビアンR1シリーズ改良新型
リビアンR1シリーズ改良新型全 5 枚

リビアンは6月6日、EV『R1』シリーズの改良新型を米国で発表した。ピックアップトラックの『R1T』と、SUVの『R1S』が用意される。

リビアンR1シリーズ改良新型リビアンR1シリーズ改良新型

R1シリーズの改良新型は、数百に及ぶハードウェアの改良、性能の向上、完全に再設計されたソフトウェア体験、新しい自社製ドライブシステム、多くの新機能、更新、デザイン要素を備えている。

外観デザインは大きく変わらないが、効率と性能を向上させるために再設計されており、新しいコンピュートおよび自動運転プラットフォームも導入されている。

リビアンR1シリーズ改良新型リビアンR1シリーズ改良新型

改良新型R1シリーズは、3モーターおよび4モーターの新しいリビアンドライブユニットを用意し、2モーターも引き続き搭載される。すべてのリビアンのモーターは、完全に自社で設計、製造されている。

3モーターは850hpを発揮し、0-60mphを2.9秒で達成し、推定航続は380マイル。4モーターは1025hpを発揮し、0-60mphを2.5秒以下、1/4マイルを10.5秒で走破する。トルクは1198lb-ftに達し、優れたオンロードおよびオフロード性能を提供する。

リビアンR1シリーズ改良新型リビアンR1シリーズ改良新型

新しいバッテリーパックは、最大420マイルの航続を可能にするMaxパックと、330マイルのLargeパックがあり、製造コストの大幅な改善が図られている。新しいStandardパックはリチウム鉄リン酸塩化学を採用し、EPA推定航続は270マイルだ。

リビアンのEVは、20分で最大140マイルの航続を充電できる。リビアンアドベンチャーネットワークやテスラスーパーチャージャーを含む主要な急速充電ネットワークに対応している。

リビアンR1シリーズ改良新型リビアンR1シリーズ改良新型

改良新型には、新しいプレミアムインテリア、ボディカラー、ダークアウトトリム、色が変わるガラスルーフ、新しい車内収納コンパートメント、インテリア照明、新しいデジタルインターフェースなど、多くの新機能が搭載されている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  2. アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
  3. トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
  4. 日産が車中泊モデル「MYROOM」ラインアップ拡充---バネットを投入予定
  5. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  6. ウルトラスポーティ?! フィアットの小型ピックアップトラック『ストラーダ』に新仕様
  7. オフロード性能を極めたバス、「世界で最も頑丈」と標榜…チェコのトルサスが新型を発表
  8. 「特大グリル」ついに装着!? 世界に誇る『Sクラス』マイナーチェンジで驚きの進化へ
  9. テスラ『サイバートラック』が警察のパトロール車両に…年内に米国で納車開始へ
  10. トヨタ製の新型スーパーカー、いよいよ市販化へ!GRかレクサスか、テストで響くV8ターボの咆哮
ランキングをもっと見る