BMW『2シリーズクーペ』改良新型…内装を刷新、欧州発表

BMW 2シリーズクーペ 改良新型の「M240i xDrive」
BMW 2シリーズクーペ 改良新型の「M240i xDrive」全 5 枚

BMWは6月13日、コンパクトな2ドアクーペ、『2シリーズクーペ』の改良新型を欧州で発表した。

BMW 2シリーズクーペ 改良新型の「M240i xDrive」BMW 2シリーズクーペ 改良新型の「M240i xDrive」

改良新型は、Mスポーツパッケージを標準装備とした。M専用デザインには、フロントの大型エアインテーク、力強いサイドスカート、垂直リフレクターとディフューザー風インサートを備えたリアバンパーが含まれる。

フロントには、パールエッセントクローム仕上げのラジエーターグリルが採用されている。サイドスカートとリアバンパーの下部は車体色で塗装され、ディフューザーインサートはハイグロスブラックで仕上げられている。

BMW 2シリーズクーペ 改良新型の「M240i xDrive」BMW 2シリーズクーペ 改良新型の「M240i xDrive」

高性能な「M240i xDrive」グレードは、独自のM専用デザインを持ち、冷却空気供給と空力バランスを最適化している。これには、サイドエアインテークのハイグロスブラックインサート、フロントバンパーのブラックスポイラーリップ、専用のリアスポイラー、台形のテールパイプが含まれる。ドアミラーカバーもハイグロスブラックで仕上げられている。

Mハイグロスシャドーラインは、全車に標準装備されている。オプションのMプロスポーツパッケージは、Mシャドーラインライト、サファイアブラックのMリアスポイラー、拡張機能を持つMハイグロスシャドーラインを追加した。また、赤く塗装されたブレーキキャリパーとMシートベルトを備えたMスポーツブレーキシステムも装備される。

BMW 2シリーズクーペ 改良新型の「M240i xDrive」BMW 2シリーズクーペ 改良新型の「M240i xDrive」

インテリアの改良点はデジタル化に焦点を当てている。BMWカーブドディスプレイは、車両機能の直感的な操作を可能にする。フルデジタルのディスプレイシステムは、12.3インチのインフォメーションディスプレイと14.9インチのコントロールディスプレイで構成され、BMWオペレーティングシステム8.5をベースにしたQuickSelectを搭載している。これにより、自動空調機能やシート・ステアリングヒーターの操作がタッチまたは音声コマンドで可能となる。コックピットのボタンやコントロールの数も減少し、インストルメントパネルのデザインが刷新された。

Mレザーステアリングホイールが標準だ。フラットボトムデザインや控えめなセンターマーキングが特徴。インテリアのスポーティな雰囲気は、12時位置の赤いセンターマーカーとBMW Mカラーのコントラストステッチによって、強調されている。

BMW 2シリーズクーペ 改良新型の「M240i xDrive」BMW 2シリーズクーペ 改良新型の「M240i xDrive」

M240i xDriveには、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン(最大出力374hp)を搭載する。インテリジェントな全輪駆動システムとの組み合わせで、0-100km/hを4.3秒で加速する。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【CX-60 vs クラウンスポーツ】スペック比較…国産プレミアム対決、似て非なる2台の真価とは
  2. 三菱『アウトランダー』2024年モデルを米国発表、最先端の三菱車として人気に
  3. いすゞ『フォワード』に15トン以上モデルを追加…カミンズと共同開発した直6ディーゼル搭載
  4. レクサス欧州販売21%増で2年連続で増、『NX』が最量販に 2024年上半期
  5. メルセデスベンツ『EQC』が引退、Cクラス電動SUVの『GLC EV』登場!
  6. インフィニティのSUV『QX60』2025年モデル、精悍な「ブラックエディション」新設定
  7. スバル『フォレスター』の2024年モデル、米国の後方衝突防止テストで最高評価
  8. 世界が驚く新技術を搭載したオールシーズンタイヤ『ダンロップ シンクロウェザー』発表
  9. 欧州でも「威風堂々」、三菱 アウトランダー PHEV 新型を10月発表へ
  10. [音のプロが推す“超納得”スタートプラン]“音”か“使い勝手”か、不満に対して最適な作戦を選択!
ランキングをもっと見る