店内では九州のレールを再利用…国の重文「門司港駅」にオープンするスタバ 3月10日 2枚目の写真(全2枚)

店内は地域との絆を意識して一部のテーブルや椅子には福岡県産のセンダン材を使用。地元の木工所が製作したオリジナルの家具も設置される。また写真右のように、バーカウンターの壁面に鉄板に錆を入れた「コルテン鋼」というものを用い、そこに装着した列車のヘッドマークにスタバの歴代のロゴを施す。
《出典 スターバックスコーヒージャパン・JR九州ファーストフーズ》 店内は地域との絆を意識して一部のテーブルや椅子には福岡県産のセンダン材を使用。地元の木工所が製作したオリジナルの家具も設置される。また写真右のように、バーカウンターの壁面に鉄板に錆を入れた「コルテン鋼」というものを用い、そこに装着した列車のヘッドマークにスタバの歴代のロゴを施す。

ピックアップ