【ダイハツ ミラトコット 4000km試乗】“変種”と思いきや、懐の深いベーシックカーだった[後編] (16/37)

トコットのエンジンベイ。0.66リットル自然吸気エンジン1本とあって、狭い空間でもなおスカスカ。整備性は良さそうだった。
《撮影 井元康一郎》 トコットのエンジンベイ。0.66リットル自然吸気エンジン1本とあって、狭い空間でもなおスカスカ。整備性は良さそうだった。

ピックアップ