JR北海道・四国・貨物3社への支援継続へ…青函・本四の更新費用は実質、国負担に (2/3)

青函トンネルにおけるレール交換工事の様子。設備の劣化や変状が進む同トンネル内の維持はJR北海道にとって経営を揺らすほどの大きな負担で、新たな支援策では更新費用を国が負担することが盛り込まれている。
《写真提供 北海道旅客鉄道》 青函トンネルにおけるレール交換工事の様子。設備の劣化や変状が進む同トンネル内の維持はJR北海道にとって経営を揺らすほどの大きな負担で、新たな支援策では更新費用を国が負担することが盛り込まれている。

ピックアップ