スタンレー電気が薄型ヘッドランプ開発……あのクルマもコレか?

自動車 ニューモデル 新型車
スタンレー電気が薄型ヘッドランプ開発……あのクルマもコレか?
スタンレー電気が薄型ヘッドランプ開発……あのクルマもコレか? 全 1 枚 拡大写真
スタンレー電気は4日、幅が30〜40ミリ程度の上下薄型ヘッドランプ『ラインビーム』と、左右薄型ヘッドランプ『ラインビームV』を開発し、発表した。

従来のヘッドランプは後部のリフレクターに一度だけ反射させる構造のため、リフレクターが小さくなるようなデザインのランプユニットの場合、光量が不足するという根本的な問題があった。この問題を解決するため、従来はバルブそのもののワッテージを上げたり、プロジェクター方式を採用したり、最近ではバルブ自体の光量が大きなディスチャージ(放電型)ヘッドランプを使うなど、あの手この手の方法で解決してきた。

今回開発された製品は、バルブから放射された光を第二、第三の反射鏡で受けて増大することで、薄型であっても前方への十分な照射光量を確保したという。もちろん法規上の問題はすべてクリアしており、使用に問題はない。

同社では「上下薄型タイプはセダン用に、左右薄型はSUVなどに使用されるのではないか」としている。

《石田真一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ車や軽にも後付け可能なオートスライドドアキット
  • 車両周辺の凹凸や落下物を3D化して検知して、距離や状況を図る「3D Dtection System」など、光学技術を使った出展が注目されたスタンレーのブース
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • レイブリック『スライドドアオープナー』
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV