スズキ『ワゴンR』が国内累計販売180万台に到達

自動車 ビジネス 企業動向
スズキ『ワゴンR』が国内累計販売180万台に到達
スズキ『ワゴンR』が国内累計販売180万台に到達 全 1 枚 拡大写真
スズキは7日『ワゴンR』の国内累計販売台数が、発売から9年2カ月で180万台を達成したと発表した。スズキ車では最速の記録という。

ワゴンRは1993年9月に発売され、3年後の96年10月に国内累計販売50万台を達成した。車高の高い個性的なデザインと、それまでの軽乗用車にはなかった使い勝手のよいラゲッジスペースといった特長が受けて、現在も軽のベストセラーカーとなっている。

96年から2001年までの6年間、軽の車名別販売ランキングで1位を独走しており、軽市場でのスズキの圧倒的な強さを支えている。

●おすすめ!! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け!! 重大ニュースの見落としがこれでなくなります。---

《編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マルチスズキのCSR(企業の社会的責任)活動のイメージ
  • 英国『フリート・ワールド』誌主催の燃費チャレンジに参加したスズキ・スイフト
  • マルチスズキがスタートアップ5社と提携
  • スズキ・バレーノ 改良新型
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2002/11/08/20686.html/article/2002/11/08/20687.html