【東京国際消防防災展写真蔵】30m級はしごを装備---モリタ『MHII Max.』

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
【東京国際消防防災展写真蔵】30m級はしごを装備---モリタ『MHII Max.』
【東京国際消防防災展写真蔵】30m級はしごを装備---モリタ『MHII Max.』 全 21 枚 拡大写真
モリタ『MHII Max.』は30m級のはしごを装備した最新型のはしご車。日野『プロフィア』と同タイプの超低PM排出ディーゼルエンジン(PM85%低減・四ツ星仕様)を採用し、消防車としては初の四ツ星認定を受けている。

キャビンのうち、後部座席は背中にボンベを背負ったままの着席を可能とするため、背もたれ中央部が省略されていることが特長だ。はしごの収納スペースを確保するためにキャビン高は低いが、はしご拡張時の安定感を保持するため、車幅はかなり広くなっている。そのため、前方から見ると扁平といった印象を受ける。

《石田真一》

この記事の写真

/

ピックアップ